« 雪のログハウス | Main | 私の温泉♪第1位 »

February 04, 2005

イイ女の条件

周りに合わせて怖がらずにスピードが出せる。カーブをスイッとリズムよく曲がれる。キビキビときれいに駐車できる。アイスバーンやホワイトアウトでも冷静に判断できる。・・・田舎の女性は惚れ惚れするほど、車の運転がうまい。トロトロ走ってるのは80歳クラスのお年寄りくらい。男性顔負けのハンドルさばきは、都会の女性に負けないカッコ良さだと思う。
もうかなり昔の話だが、私には免許を持っていなかった頃に、忘れられない思い出がある。親友の車の助手席に乗り、ふたりでドライブしていた時のことだ。仕事のストレスで過呼吸症候群だった親友が、その日の運転中に呼吸困難に陥った。彼女は車を道路の脇に寄せ、歩道に倒れこみ、言葉もかわせない状態になってしまった。私はすぐに救急車を呼んだ。助けを待つ間、彼女は「・・・ねぇ、大丈夫だと私に言って・・・」と、呼吸のできない辛さと不安を私に訴えた。「大丈夫だよ!もうすぐ助けが来るよ!」私は彼女の手を握って、励まし続けた。ほどなくして救急車が来て、彼女が担架に乗せられた。「私も病院まで一緒に行きます」と救急隊員に言ったものの、エンジンをかけたままの彼女の車から、キーを抜くことさえできず、「すみません、車の扱いが分からないので、エンジンを止めて下さい」と頼む自分が情けなかった。彼女はその後病院で手当てを受け、回復に至ったが、もし彼女の命に関わるような事態になったとしたら、私は免許を持っていなかった自分を悔やむに違いない。救急車を待たずに、彼女を一刻も早く病院に連れていけたのに、と。こんな経験は、人生の中でそうあることではないのかもしれないが、運転できるということは、大切な誰かを守る手段をひとつ持つとも言える、と私は思う。


« 雪のログハウス | Main | 私の温泉♪第1位 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/74587/2804021

Listed below are links to weblogs that reference イイ女の条件:

« 雪のログハウス | Main | 私の温泉♪第1位 »