« 作品展 | Main | インフルエンザ(B) »

February 21, 2005

氷上の怪人たち

DSC0001715氷結した桧原湖に、念願の初ワカサギ釣りに行った。湖畔の店からは、スノーモービルに連結した6人乗りのソリで、ポイントまで送迎してくれるというので乗り込むと、これが、「怪人」にならなければならない所以なのだった。おっちゃんのスノーモービルは、一面真っ白に凍りついた桧原湖の上を、調子よくぐんぐんスピードを上げて走る。後ろの、大型みかん箱のようなソリに乗った私たちは、まるで馬車に乗ったかのような振動と、頬が冷凍みかんになってしまいそうな冷たい向かい風に、なすすべもない。しかし、これが辛いと同時にたまらなく楽しいので、声をあげて笑っていた。
肝心の釣りは、約6人定員の小屋の中。ストーブの上で温めた、冷凍鍋焼きうどんなどをはふはふ食べながら、寒さとは無縁である。既に穴の開けられた湖面から、半分に切ったサシを5つの針に付けて、水深約10メートルに落とし、湖底すれすれを誘う。3時間ほど頑張ったが、4人で8尾。しかも私はボウズと、人に言えないほど寂しい釣果で終わった。釣れたてのワカサギの色は、少しパープルがかったラインがとても美しく、スーパーで売られているワカサギとは全然違う。夕飯には天ぷらにして美味しく食べたが、これも絶品だった。ワカサギ釣りは100尾で1束と数えるらしい。早くそんな数え方がしたいが、サシはまだ触れない・・・。漁業組合の日釣り券700円・スノーモービルの送迎+ストーブ付きハウス+サオ+エサ+仮設トイレ(半日)3500円。
・・・耶麻郡北塩原村 


« 作品展 | Main | インフルエンザ(B) »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/74587/3024817

Listed below are links to weblogs that reference 氷上の怪人たち:

« 作品展 | Main | インフルエンザ(B) »