« インフルエンザ(B) | Main | 嫁いだ娘たち »

March 10, 2005

かくれんぼ

050220_03915050220_03715裏磐梯国民休暇村キャンプ場は、雑木林に囲まれた散策路を含み、磐梯山を一望できるお気に入りのキャンプ場だ。何度も訪れているので、散策コースは頭に入っていたほどだったが、白の世界は見慣れた景色を一変させた。気温は高く、風も穏やかなこの日、予想外に霧が一面に立ち始め、10メートル先の視界さえ遮ってしまったのだ。緑の季節には藪に覆われる雑木林の中も、積雪のじゅうたんで、どこまでも歩いていけるスノーシューだからこそ、迷ってしまった。付近は何人かのクロカンスキーヤーが、作られたコースを周回していたので、遭難することはないと確信していたものの、初めて出会った小さな恐怖だった。持っていたコンパスも、現在地が分からなければ意味が無い。降雪がなかったのが幸いで、最終的には自分の足跡をたどって駐車場に帰り着いた。
写真は休暇村の林で見つけた、アオゲラの食痕。雪の上に残されたこの模様をたどり、樹木を見上げると、ひ弱な冬の陽に、ぼんやりとキツツキのシルエットが浮かび上がる。道に迷ってしまい、身体の冷え始めた頼りない自分を比べ、単純な私は感動してしまう。過酷な寒さの中、アオゲラのドラミングは強く森にこだましていた。
・・・耶麻郡北塩原村

アオゲラはこんな鳥(サントリー日本の鳥百科HPより)


« インフルエンザ(B) | Main | 嫁いだ娘たち »

Comments

クロミニさん、こんにちは。初めておじゃまします。北海道十勝よりいがです。
自分は今は北海道人ですが、合宿免許で郡山にしばらく滞在したことがあり、またなにかと福島にはよく行ったので、なんとなく懐かしいです。
で、森の中でのプチ遭難。
私もスノーシューを買って初めて近所の雑木林に犬の散歩に行ったとき、やはり自分の現在地と方角がわからなくなりました。
とはいえ家から500mほどしか離れていないので、今考えるとたいしたことではないのですが、そのときは結構焦ったのを思い出します。
ところでドラミングの主がアオゲラ、というのはどうやってわかるのでしょうか。
うちも近所でよくキツツキがドラミングしていますが、なかなか姿は見えないし、どんなキツツキなのかなぁ…と思いつつ未だにわからずじまいです。

Posted by: いが | March 16, 2005 at 05:47 PM

いがさん、ようこそいらっしゃいませ。お返事が遅くなってごめんなさい。
郡山にいらしたことがおありでしたか。
つたない文章ですが、福島の思い出と共に読んでいただけたら幸いです。

アオゲラの判別は、すみません、書いてなかったのですが
双眼鏡で確認しました。
ドラミングにも違いがあるかもしれませんね。
私はドラミングの違いは分かりませんが、声の違いなら少し分かります。
キツツキ類は、コゲラが「ギーギー」、アオゲラが「ピョーピョー」と全く違う声です。
アカゲラは聴いた事がないですが「ケッ」と鳴くそうですよ。
晴れた朝などに耳を澄ませてみてはいかがでしょうか?

Posted by: クロミニ | March 18, 2005 at 05:27 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/74587/3244047

Listed below are links to weblogs that reference かくれんぼ:

« インフルエンザ(B) | Main | 嫁いだ娘たち »