« 色の誘惑 | Main | まっ黄っ黄 »

May 17, 2005

近所付き合い

近所付き合いを意識していたのは、行事の多い小学生の頃までで、それ以降は20年以上も全く無かった。田舎のヒトにはあり得ない、都会のヒトにはよくあること。

結婚し、大阪市内(人口密度18500人/km2エリア)のマンションに住んでいた時のこと、同じ番地に100世帯以上が暮らしていたのに、3年間誰とも交流がなかった。上の部屋からは、ものすごい反響音で足を踏み鳴らして奥さんを怒るご主人の、血管切れそうな声色。「触らぬ神にたたり無し」と、近所付き合いを避けていたし、それが安心だった。のだが、ひとつだけ引っかかることがあった。エレベーターでどなたかと一緒になるが、(夜など特に怖くて)挨拶はしない習慣が身についていた。そんな中に、幼い子供が乗り込む。「挨拶をしない大人同士」を見せている自分、大人としてどうなの?!現実的なことは子供もきっと理解しているだろうと思うけれど、何だか、冷たい空気を私自身も作っているような気がした。

今、郡山市内(人口密度440人/km2)の町内会で、小さな班の副班長をやっている。共稼ぎのお宅への集金は、留守が多く、何度も訪問しなくてはならない。そんなお宅の休日の朝は、10時でもチャイムするには早いみたいだ。草取りや側溝掃除は、朝6時から始まる。でも、こういうこと、苦痛じゃないと言うか、まぁ、やれる。「あぁ、こんなヒトが住んでいたんだ」「こんな子供がいたんだ」「このお宅のヒトは話しやすいな」ってことが分かるのは大切だから。田舎の近所付き合いって、いいことばかりじゃないだろうし、私がまだ深みに入っていないからかも知れないけど。それでも、子供の前で挨拶する大人でいたい。

追伸:大阪に、あったかいヒトはいっぱいいます(笑)。


« 色の誘惑 | Main | まっ黄っ黄 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/74587/4173144

Listed below are links to weblogs that reference 近所付き合い:

» 近所付き合い [兼業主夫田舎暮らし@北海道]
クロミニさんの「近所付き合い」にトラックバック。 田舎暮らしを語る上で欠かせない [Read More]

Tracked on May 19, 2005 at 01:23 PM

« 色の誘惑 | Main | まっ黄っ黄 »