« ヤマメの誘惑 | Main | キアゲハ »

June 24, 2005

農業への転職

梨農家での体験を経て、「農家で働くこと、私やっていけるかも?!」と、危なげな自信がついてしまい、とうとう農家に就職してしまった(パートだけど)・・・!

2年前の今ごろを思い返せば、大阪でひとりマッキントッシュを駆使した技術とセンスを武器に営業をし、SOHOで暮らしていけるくらいは稼げていて、当然ながらまさか農家で働くことになろうとは、予測もしていなかった。
けれど、仕事に行き詰まりを感じていたから、逃げたくてそのチャンスをうかがっていたような気もする。

職人的でアーティスティックな部類の仕事が、PCの普及によって、純粋にモノ作りをする意志とはかけ離れてオペレーターと化すような現象って、あると思う。
私はそんな迷路に入っていってしまったのか、その職への情熱が年を経るごとに冷めていってしまった。
もしくは、流行を取り入れなければ良しとされない仕事に、疲れてしまったのかもしれない。

そこへきて、こののどかな環境への引越し(ダンナさんの転勤)は、15年の歳月を費やしたその職から、本当にサヨナラするのか、結果を出さざるを得ない方向へ自らを持っていくチャンスになった。

実は、SOHOとして独立する前にも、土に関わる仕事への憧れを持った時期があって、自治体に職業相談に行ったことがあった。
その時はストレスによるものだと思っていたけど、結果的にこうなったのは、なるべくしてなったのか、とも思える。

今の仕事が長く続くのか、自分でも半信半疑。
都会暮らしのヒトが、畑仕事に憧れる、そんなよくあるタイプの私なのかもしれない。
でも、淀みからは抜け出せたような気がする。・・・と思いたい。(^^;


« ヤマメの誘惑 | Main | キアゲハ »

Comments

なんとマック使いのデザイナーさんだったのですね。
わたしもそうしことを含めて考えたりもしてますが、なかなかきっかけや出会いというものが難しいですね。
楽しんでやれるのであれば良いでしょうし、農業のなかにこれまでのそうした知識やセンスを生かしていく道というのも、見つけられそうです。

(どうりでスケッチがお上手なわけです。今ごろ気づきましたけれど(^^;)

Posted by: ムムリク | June 26, 2005 at 01:45 PM

ムムリクさん、こんばんは。
コメントありがとうございます。
私の場合、あくまでも経営者ではなく、サポーター的な立場でしかないと思うので、転職という言い方をしていいものかどうか迷いました。
ただ、未知のハタケに飛び込んだのには違いないと思っています。
ムムリクさんの状況はよく存じ上げませんが、おぼろげにでもデスクワークから脱したいと思っていらっしゃる方に、私の体験記がお役に立てればと思います。

デッサンは実は大の苦手で、前職の際にも悲観して避けて通っていました!
でも今は比べられる相手が見えなくなったので、小学生のような気持ちで書いていられる気がします。

Posted by: クロミニ | June 27, 2005 at 12:39 AM

初めてコメントします。

つい最近大阪の住人となった黒豚&小豆です。


豚は大阪で自然サウナ状態の中順調に減量しています。
豆は徐々に怪しげな関西弁を話すようになってきているとの噂です。

今後もたまに覗かせていただきます。

それでは。

Posted by: 黒豚&小豆 | July 04, 2005 at 10:28 PM

黒豚さん、小豆さん、こんにちは~!
大阪は暑そうですね。
「暴君たち」にも、肉球が暑さに強くなるなどの変化が現れるかも?
こちらには、自然サウナにいたのに減量できなかったサンプルしかないので(^^;、成功を祈っております。
小豆さんは福島弁とミックスしないようお気をつけて!
最後の晩餐?の写真また送りますね♪

Posted by: クロミニ | July 05, 2005 at 08:52 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/74587/4691903

Listed below are links to weblogs that reference 農業への転職:

« ヤマメの誘惑 | Main | キアゲハ »