« コネッチャアッカ! | Main | 雨の庭 »

July 06, 2005

高齢化社会の幸運

私のまわりの「友達」と呼びたいヒトたち(IN 福島)は、ほとんどが年上です。
しかも、親の世代ほどの年齢のヒトたちがやたらと多い。
なのに、なぜか?短い時間で親近感がわき、垣根なく話せて、とっても気が合うのです。
野菜づくりや山歩きなんていう嗜好のせいかなぁ?
または、私が渋い性格なのか?はたまた甘えん坊なのか?
それだけの問題だったりするのかもしれないけれど。(^^;

もしかして、高齢化社会の影響だとしたら、私にとってはすごくラッキーなこと。
人との接し方、ものの考え方、料理のアドバイス、福島の風習などを、会うたびに話すたびに私に教えてくれます。
そして教えてもらうほど、その「友達」を尊敬して、さらに好きになる。
尊敬できる年上がまわりにたくさんいる環境って、すごくシアワセなことじゃないでしょうか?

年配のヒトをいつか介護するような立場になる時でも、そのヒトとそんなエピソードがあるかないかで随分違うんじゃないかなぁ?
そう考えれば、高齢化社会もまんざら大変な状況ばかりじゃないなぁって思うのです。


« コネッチャアッカ! | Main | 雨の庭 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/74587/4854566

Listed below are links to weblogs that reference 高齢化社会の幸運:

« コネッチャアッカ! | Main | 雨の庭 »