« July 2005 | Main | September 2005 »

August 29, 2005

天地はじめて寒し

日に日に秋めいていく風景を眺めていると、

春夏秋冬という4つの季節分けは、おおざっぱ過ぎるような気がしてきます。

タイトルは七十二候(5日ごとに季節を細分したもの)のひとつで、今ごろです。

二十四節気というのもありますが、「処暑」って言われてもピンとこないので。(^^;

***

ツクツクボウシやコオロギが鳴き始めて、1・2週間も過ぎていますが

なかなか干せなかった梅干しを、最終仕上げに干しました。

DSC0001530
今年は期待できそうです。年明け2月ごろが楽しみ♪

***

050828_00715050828_01115
ガマズミ(左)とアケビ(右)

050828_00915050828_01015
ツリフネソウ(左)とキツリフネ(右)

050828_00815DSC0008315
アキノキリンソウ(左)とキミズヒキ(右)

昨日の裏磐梯は日中でも22℃と、とても涼しかったです。

こちらの学校の2学期は、25日からスタートのせいか、

誰もいない貸切状態のキャンプ場で、友人とBBQランチを楽しみました。

職場の大葉も、めっきり成長が遅くなって、以前の半量ほどしか摘めなくなり

今日から勤務時間がお昼までに。

寒暖の差が激しいこの頃、空が青く澄むようになってきました。

| Comments (0) | TrackBack (0)

August 26, 2005

長靴をはいた心理

愛車クロミニには、ほとんど何も乗せておらず、

車内はスッキリ・サッパリしている方だと思うのですが、

1つだけ決して忘れない、愛着アイテムがあります。

それは・・・長靴。

年中無休で一緒にドライブしております。

仕事、庭いじり、雪かきなど、私を汚れから守ってくれる頼もしいヤツなのです。

都市部で生活していた頃は、決して使うことのなかったこのアイテムを

私は福島での生活を謳歌するかのごとく、愛用しています。

最近では、色の剥げ具合やゴムの擦れ具合がイイ感じに古びてきて、

ちょっとした買い物など、長靴のまま畑から運転して店内を歩いたりすることに

おかしな優越感を感じてしまっているのです。

「ふふ・・・誰が見てもこれで、私もイッパシの福島県人だわ・・・」みたいな。(^^;

これって、勝手に解釈すると、田舎から東京に出たワカモノが

原宿あたりで、いかにも的ファッションを買い、コンビニの整髪料で髪を整え

「いざ!」って街に出る時の気持ちと同じではないでしょうか?

つまり、その土地のネイティブへの憧れ。

憧れを忘れた頃、初めてネイティブに近くなっているのかも知れません。

| Comments (0) | TrackBack (0)

August 24, 2005

おでん前線

昨日、スーパーに今季初、おでんコーナーが早くも出ていました。

えぇっ?!目を疑いました。8月だよね・・・今。と。

1年中、肉まんなど売ってるコンビニもありますが、季節モノに敏感なスーパー。

確かにここ福島では、8月といえど、お盆を境に季節が変わります。

それまで湿気を帯びていた空気が、カラッと乾き始めるのです。

加えてこのところの雨続き、ひと雨ごとに涼しくなっているような気もします。

それにしても、おでん、買う人いるのかなぁ・・・

って、見てたら次々買っていました!!(^^;

***

そういえば昨年の2月、初めての厳冬季を迎え、

「もうしんぼうならん!」とばかり夫がモモヒキを買ってくれと言いました。

いざ買いに行って見ると、雪も降らんかの寒さなのに売っていません。

店員さん曰く、「もう今季は終了で、商品は入荷しません。」と・・・

えぇ?!東北はまだ冬のさ中、こんなに寒い2月なのに!と驚愕しました。

桜の開花予想のように、モモヒキ前線があったら・・・よかっぺなぁ。

おでん前線はゆっくり南下中(想像)。

・・・郡山市

| Comments (4) | TrackBack (0)

August 23, 2005

農家で働く女性たち

大葉のハウスは、毎日・変わらず・暑い、です。

今日は、そんなハウスで働く女性たちについて、思うことを書きます。

私の勤務先は、田園風景の中にあります。

ほとんどのパートさんが、近所にお住まいなのですが

皆さん例外なく、結婚された時期・出産された時期がお若い。

33歳のA子さん・・・17歳で結婚、第1子中学1年生、第2子小学5年生

45歳のB子さん・・・22歳で結婚、1人息子21歳で結婚、孫1歳

こういう方が多く、結婚の平均年齢データは、参考にならないなぁと思うのです。

そして、そんな背景を持っているんだ、という目で見るせいか、

なるほど、「キャリアお母さん」たちは、年齢は私と変わらないのに

言葉や仕草に、幼稚さや卑下した態度がない「大人」なのです。

なんていうか・・・やさしいのに、堂々としている。

長いこと母やってるゆえの貫禄とでも言うのかなぁ。

この職場だけの特徴ではないでしょうけど、

娯楽がない、と言われる田舎の環境を受け入れ、

大人になる選択をした結果からくるもの、とも思えます。

去りゆく若さにしがみついていない落ち着きや、

滝のように流れる汗にまみれても、働ける覚悟が感じられ、

個人的に、「カッコイイなぁ・・・」と思ってしまいます。(^^;

・・・と同時にっ。2ヶ月一緒にいて見えてきたこの事実は、

我が幼稚さに、アセリとハンセイを感じているこの頃でゴザイマス。

| Comments (2) | TrackBack (0)

August 22, 2005

メイド・イン・吾妻山

裏磐梯の秋元湖上流部にある、中津川渓谷に涼みに行きました。

DSC0010840

DSC0009330

渓谷の両壁は岩盤で、いたるところから清水が滴っています。

DSC0007130

口あたりがやわらかい、とっても美味しい水は

北側にそびえる、中・西吾妻山が源流とあれば、それも納得。

あまりに涼しく気持ちいいので、河原でお昼寝してしまいました。

途中、アウトドアツアーで知られるペンション「もくもく」の

シャワーウォークツアーに参加の方々が通り過ぎて行きました。

夏の終わりの、涼しいひとときに中津川渓谷、おすすめです。

そしてっ。

最後に、珍しいものを見たので・・・!

カエル&ヘビ、爬虫類系苦手な方はご遠慮くださいね!
(怖いもの見たい方はクリックで拡大★)

DSC0007830
飲み込めるのかなぁ?(^^;;;

・・・耶麻郡北塩原村

※河口部から、磐梯吾妻レークラインまではゆっくり歩いて1時間。
 高低差はほとんどなく、大変涼しい遊歩道ですので
 お子様や体力のない女性でも楽しめると思いますが
 日陰ゆえ道がぬかるみやすいのでお気をつけください。

※五色沼方面からつながる、秋元湖サイクリングロードは
 ガードレールがなく、退避所も少ない狭い道路です。
 悪天候時や運転に自信のない方の通行は、おすすめできません。

| Comments (2) | TrackBack (0)

August 21, 2005

とれとれ・きゅうり

今年はきゅうりが豊作。

福島県中通りにある須賀川市は、全国でも有数の生産地ナノデス。

私も、知人からたくさんきゅうりをおすそわけ頂くのですが

食べられる量には限りがあり、でも捨てるのも忍びなく、

初めてぬか漬けに挑戦したり、スライサーでカットして、

お風呂あがりに、きゅうりパックをしたり。

日に日に黒くなる素肌だけじゃなく、ぬか漬の腕前も

東北美人級になることを願って・・・(*゜∇゜*)☆

| Comments (0) | TrackBack (0)

August 19, 2005

出穂(しゅっすい)

稲の穂が出始めました。

お盆前後でグンと背が伸び、

風になびくと軌跡を描くようにたおやかにしなって

それは秋が近いことを教えています。

050815_01060

先日の地震、私は庭で身内と立ち話の最中でした。

と、いうのも、真昼間だというのに

庭にコウモリという珍客がやってきたせいで、

それを見物がてら、写真に撮ったりしていたわけです。

050815_02015

※キモイ写真なので、小さめに(^^;

揺れがきたのは、その少し後でした。

地面を伝ってくる振動と、草花や樹木がグラグラと揺れるさまに

思わず身内と手をつなぎました。

揺れは30秒ほどもあったと思います。

生涯で一番大きな地震だったので、とても怖かったです。

思い返してみると、コウモリは予知していたのかも知れません。

・・・東白川郡塙町

| Comments (0) | TrackBack (0)

August 01, 2005

暑中お見舞い申し上げます

福島にも、みじかい夏の盛りがやってきました。

tree

batta

明日は夏野菜を収穫します。

| Comments (1) | TrackBack (0)

« July 2005 | Main | September 2005 »