« 開拓したひとたち | Main | 農業塾 »

September 04, 2005

そばとごはんの美味しさ

猪苗代町では今、そばの花が満開。真っ白なお花畑があちこちで見られます。

DSC0000530

DSC0000430
茎の色のグラデーションが、懐かしいような落ち着く色合いで、好きです。

私は出身が暖かい地方のせいか、うどんの美味さは分かるのですが

そばの美味しさというのは、あまり自信がありません。

そして、米の美味しさも、少し前まで、よく分かっていませんでした。

福島に住むようになってから、お米を買うのは毎年1回だけになりました。

その年の秋に収穫したものを、知り合いの農家から玄米の状態で買います。

30キロが1袋単位。

それを1年分ですので、3袋買い、無くなるごとに10キロずつ精米しています。

このお米の美味しいこと!!

香り・ツヤ・透明感・甘み・弾力・・・この5要素が、まるで違うのです。

そのワケは、農家から買うお米は、ブレンドされていないからだと言われます。

そして、ブランドや生産者よりも、お米の育つ場所が重要なんだそうです。

つまり魚沼にも、気象条件の良い田んぼと、そうでない田んぼがあるように

名も無い地方でも、美味しいお米の採れる場所があるということです。

私は特にこの2年で、外で食べるお米の味にとてもシビアになりました。

白いごはんの美味しくないお店は、大抵おかずも美味しくありません。

ちなみに福島県は、実質全国1・2位を争うコメドコロで、とても美味しいお米の産地です。

何しろ、ウチで食べるごはんより、美味しいごはんに出会ったことがありませんから。

そばの美味しさも、分かるようになりたいものです。

« 開拓したひとたち | Main | 農業塾 »

Comments

毎年親戚から送られてくる新米のおすそわけにあずかるのですが、ご飯のおいしさを実感します。

そばは気軽に食べたいと思っているので、妙に凝った店はかえっておいしさも半減します。おいしくない店ははっきりしますが、あとは皆それなりかなあ、と。

昔、出張先で食べたそばは、かわいそうになるくらいでした。後にも先にもそれっきりですが(^^;

まもなく新蕎麦の季節ですね。

Posted by: ムムリク | September 05, 2005 11:25 AM

ご親戚はどちらのお米なのでしょうか。
新米の味はまた格別ですよね。

妙に凝った店はおいしさも半減・・・同感です。
この夏、八ヶ岳の「凝った店」で食べたシンプルなとろろそば、
1400円もしたのに、かえってマイナスの記憶に残りました。
福島の美味しいお店もまたご紹介したいと思います。

Posted by: クロミニ | September 06, 2005 10:53 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference そばとごはんの美味しさ:

« 開拓したひとたち | Main | 農業塾 »