« 同僚の中の日本 | Main | いきなり秋に »

September 26, 2005

岩手山軟弱登山

近づく台風17号を避けて北上すること350キロ、

岩手と秋田の県境付近にある、岩手山に行ってきました。

DSC0004330
南側から見た、岩手山。別名「南部富士」と言われるも納得の美しさ。

DSC0002230
今回の宿、相ノ沢キャンプ場からの見晴らし。

DSC0002630
狙い通りの晴天を予感させる、モネの絵のような朝焼けでした。

DSC0003430
近くなので「郷に入っては郷に従う的・朝食」。(小岩井のヨーグルト)。

このキャンプ場、見晴らしだけでなく、無料なうえ、トイレはきれい、水場も完璧。

すぐそばには、朝7時から夜9時まで営業の温泉「お山の湯」(550円)もあるし。

2泊目に、水のポンプが故障して断水さえしなけりゃあ、もっと良かった。(ToT)


DSC0009130
登山は網張口から、リフトを3本(往復2400円)乗り継いでからのスタート。

途中3つもの山越えがあるのですが、開けた尾根伝いも多く、楽なコースです。

DSC0007330
左奥が目指す山頂2038m。でこぼこの尾根は鬼ヶ城。

DSC0007430
紅葉が始まっている木々もちらほら。この朝はふもとでも13度まで下がりました。

DSC0008530
リフト降りて2時間半くらいかな?地獄谷と呼ばれるエリア。

ここは硫気ガスが噴出す、活火山たる危険な場所、しかし!

360度、山っ!!私の脚は限界でしたが、見ておいて良かった!

ここにテント泊したいくらいの大変美しい場所です。

DSC0008430
みどりの微妙な色合い、これだけでも感動でした・・・。

山頂までは、ここからでも2時間半は必要とあって、引き返しました。

でも、初めての岩手。とっても思い出深い旅になりました。


・・・岩手県雫石町


« 同僚の中の日本 | Main | いきなり秋に »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/74587/6128177

Listed below are links to weblogs that reference 岩手山軟弱登山:

« 同僚の中の日本 | Main | いきなり秋に »