« 肩のり猫 | Main | いただきもの・おかえし »

October 31, 2005

雪虫とぶ

先週から週明けにかけて、とても冷え込んでいます。
DSC0003530
浄土平周辺の山頂も冠雪したようですね。

***

11月になろうとしていますが、解雇を免れました。
石油が値上がりし、ビニールハウスの暖房費もかなり厳しい中で
出荷要請があり、冬季も大葉の栽培を継続することになったそうで、
置いて頂けることになりました。(^^)
ただし、収穫量は半減するので、就業時間もぐっと短くなり
厳冬季には、毎日の出勤はなくなりそうです。
「農業は、工場じゃあないからね。」と、おとうさん(社長)は言いました。

***

そうだよなぁ・・・。と思う反面、もっと働きたいなぁ・・・。と思う私もいます。
でも。いや、いや、まて。(^^;
食事も睡眠もとれないで、めまぐるしく働く毎日は、10年経験しました。
「こんなふうに息をつく暇もない毎日の、行く先って何だろう?」
「40、50になった時、料理のできない女にはなりたくないなぁ」
そんなふうに思っていたら、福島の空気が同調してくれて(と思い込んでいます)。
毎日を仕事に忙殺されなければ、生きていけない状況もあるけれど、
いま、そうでないなら。
目の前のことや、過ぎていく時間、
「小さな何かの積み重ね方法」を今までとは、変えたいんだよなぁ・・・。

***

東白川郡では、今季初めて雪虫を見かけました。
冷たい秋風が、駆け足で山の葉を落としていっています。

雪虫とは?・・・北海道放送のお天気情報より


« 肩のり猫 | Main | いただきもの・おかえし »

Comments

雪虫、郡山でも飛んでたんでしょうか?
とんと見かけませんでしたなぁ。

大葉の仕事続行できて良かったですね。
私は専業主婦を続行中でございます・・・

今や出勤しない事に落ち着いちゃってます。
こんなのも良いなぁと思ってます。

今日、初めて自分で作った寄せ植えの花が咲いたんです。

まさしく「小さな積み重ね」が花咲きました。

Posted by: 小豆 | November 03, 2005 at 10:14 PM

先日は「キャプテン」のお相手ありがとうございました。

雪虫が飛ぶのは引越風景とのことなので、郡山でも山の近くなど「引越先」があるようなところなら、見かけることができると思いますが、町なかではちょっと難しいかも。

仕事、実は事情が変わりまして。(^^;
もしかしたらそのうちに変わるかも知れないです。
そのお話もまた書いていきますね。
家事もなかなかどうして奥が深いですよね。
生きることにこんなにも直結している仕事なんて他にないですし。
家事自体を礼賛する風潮が日本にあったら、
専業主婦って言葉の響きも違うのに、と思うくらいです。

寄せ植え、何の花なのかなぁ。
また撮り貯めているであろう写真、拝見したいです。
私の分かりにくい文脈から、キーワードを取り入れてくれてありがとうございます。
「フィーリング」のなせる以心伝心かも?

Posted by: クロミニ | November 04, 2005 at 09:31 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/74587/6733794

Listed below are links to weblogs that reference 雪虫とぶ:

« 肩のり猫 | Main | いただきもの・おかえし »