« 葉っぱの不思議 | Main | 新雪 »

November 17, 2005

山栗ウォーズ(T0T)

ちょっと遅めの、山栗。
「ウチの裏山に、まだいっぱいあったから。」といただきました。
051117_00330
ご覧のとおりの虫食いですが、「とっても甘かったよ。」とのお言葉に
「いただきま~す♪」と喜び勇んで持ち帰りました。

栗は、表の皮を「鬼皮」、薄皮を「渋皮」と呼び、
2・3時間、水に漬けておくと柔らかくなって、むきやすくなるそう。
栗専用の「皮むきハサミ」は、数年前に衝動買いしたものがあったので
「ようやく出番!」とばかり、取り出して、むきむき。
包丁だと、かなり苦心するようですが、あっという間にきれいにむけます。
んがっ。それからは、とてもスリリングなひとときになりました・・・。

ご存知の方も多いと思いますが、栗に虫はつきもの。
拾ってきた栗を、うっかりそのまま部屋に置こうもんなら
栗の中から、四方八方へ虫が這い出して恐ろしい光景になります。
毎日、土に触れて仕事している私、虫には慣れているはずなのですが
手のひらの中の、これから口にしようとしている、その甘い実に
しっとりと横たわっているお姿が、目に飛び込む瞬間には
慣れるはずもなく、悲鳴をあげずには、いられませんでした・・・。

友人いわく、「虫、食ってるけど、私はその部分だけ切っちゃうの。」。
そーか、そーか、多少、実が小さくなってもいいか、
じゃ、思い切って半分切って・・・ぎゃーーー!!!
中心部分から食してらっしゃるので、ボ、ボディが・・・(T0T)。
さらに、虫食い穴のないものを選んで、切って・・・ぎゃーーー!!!
な、なんで、いるの・・・どこから入ったの?!!
そんな、こんなを繰り返し、息も絶え絶え、ハサミを握って、「はぁ、はぁ、はぁ」。
・・・結局、残ったのは5つだけ。
一体、友人は、どうやったの?
山の子は強い、と思わされた出来事でした・・・。


« 葉っぱの不思議 | Main | 新雪 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/74587/7170044

Listed below are links to weblogs that reference 山栗ウォーズ(T0T):

« 葉っぱの不思議 | Main | 新雪 »