« しぶき氷2006 | Main | 続・生ゴミ肥料01 »

January 27, 2006

なまはげ西吾妻(T0T)

その土曜日の朝、もうおひさん高いというのに、気まぐれな相方の一言で
山形県から西吾妻山(にしあずまやま)の樹氷を見に行くことに・・・!

0601213_00217
こんな樹氷モンスター群の絶景を見られるなら・・・とふたつ返事したワタシ。

0601212_01117
東北自動車道を福島飯坂ICで降り、国道13号をひたすら西へ。
米沢市内は目測で積雪150センチ!真横で追突事故発生・・・。

国道13号が思っていたより距離があり、ICから1時間半くらいかかりました。
スキー場の駐車場に到着はなんと・・・12時すぎ!ハァ。

天元台高原スキー場、最下段のリフトは16時、ロープウェイは17時で終了してしまいます。
ナイター営業はしておらず、上のリフト2つは冬場は乗って降りることができません。
歩いて下山しないといけないなんて、ロープウェイ最終時刻までに帰ってこれるのか?!
不安のどん底に陥るワタシ達・・・(実は超小心者夫婦)。

リフトを乗り継いで、はるか彼方に、それはそれは小さく見えるリフトの終点が
とてつもなく高い所に行くんだ、という拷問を受けるような気分に・・・。

加えて、北面に位置するこのスキー場の寒さ。
リフト終点には、「西吾妻山は2000m級の山ですが、
緯度が高いため、寒さは日本アルプス3000m級と同じです」
というようなことが書かれていました。
はい、確かに。体感したことのない寒さです・・・。

0601212_02817
リフトの終点から見た風景。
雲がなかった時には、遠くに月山、蔵王らしき山も見えました。
福島からひとやま越えた山形は、雪の惑星のよう~。

「リフト終点でもう樹氷地帯」という雑誌の掲載写真とは違い
ここでは樹氷モンスターはできていませんでした。
ほんの少しラッセルしましたが、ほとんど腰まで埋まってしまって
さすが積雪3m、ふかふかパウダースノーに歯が立たず、滑り落ちそう・・・。
はぁはぁ、ごめんなさい、もうしません、許してくだしゃい・・・。
なまはげに遭遇した、おさな子のような気持ちに。

とりあえず、ランチをそそくさと済ませ、樹氷を見ることをあきらめ
下山を選んだワタシたちでした。
余裕がないってことが、こんなにも楽しくないことだったとは。
スノーシューを始めた昨年は、こんな場所ならまずガイドの依頼を考えました。
今は慣れて、体力も知識もないのに、
山に対して無防備になっていることにようやく気がつきました。
慣れって怖い!朝寝坊は西吾妻は迎えてくれない!と教えられた1日なのでした。

0601212_02217
060121_01317
060121_00417
060121_03017

でも、踏み跡のない広大な雪山の世界、結晶のままの雪や、サルの親子連れ、
今まで見えなかったものを見ることができたので、やっぱり行って良かったです。

・・・山形県米沢市


« しぶき氷2006 | Main | 続・生ゴミ肥料01 »

Comments

よほど冷えているということですね。雪の結晶。きれいに撮れていますね。
猿といえば、地獄谷かな(笑)

Posted by: ムムリク | January 27, 2006 at 11:11 AM

ご無事で何よりです(笑)

チーム大阪の面々は相当足腰へなちょこです。
だって雪がないんですもの・・・・
しょうがなくコンクリの上を歩いてます。

赤子が生まれたら背負って雪の中を歩きたいのです。
がんばらなくっちゃ!!!(ね、黒豚さん)

その時は平坦コースでご一緒願います。

Posted by: 小豆 | January 27, 2006 at 09:47 PM

お疲れさまでした!
冬の西吾妻、近くてなかなか手に届かないって感じですよね。
新雪の。。フカフカ。。楽しいけれど、とっても疲れますよね^^;
「お猿さん」との遭遇、羨ましいです。野生動物は会えそうでなかなか会えないですものね。
西吾妻へ行くチャンスを窺っているのですが、今週の天気図は今ひとつ。しかもABIRIの足に故障発生!ピンチです~

Posted by: ABIRI | January 27, 2006 at 10:53 PM

♪ムムリクさんへ♪

そうなんです。結晶はずぅっと消えずにそのままなんですよ。
おかげで2倍のルーペでさえ形が撮影できました。(^^)
地獄谷温泉はサルで有名ですよね。
温泉スタンプを集めて回るみたいなものもあったような?
そうそう、ムムリクさんとウチの温度計、同じです。
室内でもかなり寒いのですね。あたたかくなさって下さいね。

♪小豆さんへ♪
コンクリですかぁ。
郡山のSHIMAMURERでは売っていないおしゃれな衣類などを
身にまとっていち早く春を演出していらっしゃるのでは?
黒豚さんなら、背中に背負子で登ってくれそうですね。
「スノーシュー仲間」がいないので、週末の楽しみを分かち合える相手がなく(^^;
ずっとその日を待ってますよ!
同僚の赤×さんは赤ちゃん用背負子を自作されて歩いてましたっけ。
体調の方は落ち着きましたか?お大事になさって下さいね~。

♪ABIRIさんへ♪
足の不具合、突然のことでびっくりしました。心配です。
天気図が今ひとつなら安静にされて、しっかり治されて下さいね。
今夜の福島はすごい風です。
モンスターもさらにビッグになって、元気なABIRIさんをきっと待っていますよ。(^^)

Posted by: クロミニ | January 28, 2006 at 07:29 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/74587/8345862

Listed below are links to weblogs that reference なまはげ西吾妻(T0T):

« しぶき氷2006 | Main | 続・生ゴミ肥料01 »