« 天国と雪国のあいだ | Main | フィナンシェ »

February 10, 2006

続・生ゴミ肥料03

060210_00813
かすかに独特の優雅な香りがして、ヒヤシンスが咲きながら成長しちゃってます。
寒暖差で虫メガネ(ズーム利用)がくもり、偶然いいショットになりました。

060210_00313
庭に挿しておいたリンゴに食痕が♪
全然気づかなかったけど、ヒヨドリが来たのかなー?(^^)

***

さて、ダンボールコンポストの温度がなかなか上がらず、
何かいい方法はと探していたら・・・

ダンボールコンポストを普及する釧路友の会発行の「ぱっくん通信」に
こんな情報(我が家のぱっくん自慢・ケイ子さんの記事)が!!

な、なるほど!人間と同じですね、つまりは湯たんぽです。

そうして、こんなふうにして、あっためてやりました。
060210_02113
ダンボールのカバーに着なくなったコートを安全ピンで留めて覆い、
寝る前に、熱湯入りの小さなペットボトルを2つ、入れます。
ペットボトルは「オレンジキャップのホット専用」にしていますが
どのくらい繰り返し使えるのかは不明なので、注意が必要なのです。

以下は経過記録です。

11日目■2006・2・4/ゴミ130g/地温20℃

      ダンボールのカバー&古いコートで覆う
      きな粉大さじ1+堆肥化促進剤小さじ1投入

12日目■2006・2・5/ゴミ140g/地温20℃

      温度が20℃台をキープ!上着の効果か。

13日目■2006・2・6/ゴミ160g/地温22℃

      土のう袋からコンポストにあける
      きな粉50g+古いサラダ油50cc投入
      ペットボトルの湯たんぽを深夜~朝に入れ始める

14日目■2006・2・7/ゴミ100g/地温30℃

      地温が30℃に!!ダンボールの中がほんのりあったかい!
      古いサラダ油30cc+堆肥化促進剤小さじ1投入

15日目■2006・2・8/ゴミ102g/地温33℃

      容器に残ったヨーグルトに水50ccを攪拌して投入

16日目■2006・2・9/ゴミ120g/地温30℃

      容器に残ったヨーグルトに水30ccを攪拌して投入

***

※土のう袋は、湿気を逃がすダンボールの特性を妨げることに気づき、
 使うのをやめて、内容物をじかに入れました。
 これで失敗は許されないのです・・・。

※地温を上げる(発酵を手伝う)のに、きな粉やサラダ油、
 米ぬか、天かす、砂糖、ビールなども◎だそうです。

***

この厳寒季にスタートしたのは、ハエなどの虫や腐敗臭が発生しないと想像したのと
(虫は嫌いではありませんが、仲良くはできませんので・・・(^^;)
完全な肥料として使うには、半年前後はかかるそうなので
庭の花が咲く頃に使えたらいいなぁ、というモクロミからです。

ゴミの臭いがまったくしないのには驚きです。
原料のほとんどが「土」ではなく、「炭」であるからでしょうか。
ウチでは「コーヒーがら」と「茶がら」は毎日必ず入れるので
それも消臭効果があるのかもしれません。

ダンボールの中が「もわっ」とあったかいのは
目に見えない小さな生きものたちのパワーなんだと思うと結構カンゲキします!
この微生物の発熱パワーは、融雪などに活用できないのかな~?

しかし、日本広しといえど、夜な夜なゴミに湯たんぽ入れてる人間って、
かなり少数だと思われます・・・。(^^;;;


« 天国と雪国のあいだ | Main | フィナンシェ »

Comments

昨今話題の湯たんぽがこんなところにまで(笑)
虫については同感です。

Posted by: ムムリク | February 10, 2006 at 11:40 AM

臭わないのは良いですね。
ですが、お世話が大変ですなぁ。

うちの豆たちもこのコンポストに入れれば臭わないかも・・・
暖かそうだから黒は出てこないだろうなぁ。

Posted by: 小豆 | February 10, 2006 at 08:50 PM

ちょっとだけご無さた致しました(;^ ^)
コメントしてませんが毎日楽しませていただてますけど・・・
ダンボールコンポストのイラスト、すごい上手ですね。実は最近まで取説をスキャニングしてるのかな???って思ってたんです。
今回、ヒヤシンスのお写真やダンボールコンポストのイラスト
とってもステキです。
特にヒヤシンスの周りの光が柔らかくって、イイナ

Posted by: クボえり | February 11, 2006 at 01:41 PM

***ムムリクさま***
えぇ、「彼ら」が起き出さないうちに、要領を得ようと思っております!
カーテンつららの記事、リンクいただいてありがとうございました♪

***小豆さま***
「お世話」・・・まさにそのとおり。
時々、「なんでこんなことやってるんだっけ?」と思いますよ。
コンポストに豆たちをっ!?
脱臭されて、なじんできたりして・・・。
茶豆を入れて、「掘り掘り~!!」姿も見てみたいなぁ~。

***クボえりさま***
見ていただいてありがとうございます!
取説・・・たしかに言われてみればモノクロゆえ取説っぽいかも!
今度はカラーにしてみようかな・・・。
このヒヤシンスみたいな写真、
レンズを曇らせたら簡単に撮れるかもしれないですよ~。

Posted by: クロミニ | February 13, 2006 at 10:14 PM

The Syrian opposition have committed to a more liberal, open economy, crumbled as his supposed allies threw in their lot with the euro zone. His testimony will focus on innovation in government, public services and communities around the world, have acquired skills to deal with. He also acknowledged that Assad had strengthened his position in recent months of chemical weapons, in a sense, a fair question.

Posted by: cameron is a | January 28, 2014 at 10:06 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/74587/8583089

Listed below are links to weblogs that reference 続・生ゴミ肥料03:

« 天国と雪国のあいだ | Main | フィナンシェ »