« イエローフォール2006 | Main | 異動の季節に »

February 20, 2006

続・生ゴミ肥料04

早いもので、ダンボールコンポストを始めて1ヶ月が経とうとしています。

その間、変わったこと。
・我が家のゴミの量は半分になりました。
・シンクの排水カゴの掃除がとてもラクになりました。
・食品トレイを全部洗い、ゴミに出さなくなりました。
(我が町郡山市では規制があまり厳しくはありません。
 お恥ずかしい話ですが、今までほとんどゴミとして出していました。(^^;
 精肉のトレイとか、出来合いおかずの容器とか・・・。
 それをリサイクルに出したり、調理道具に使ったりするようになりました。)

そして
・ゴミについてさらに考えるようになりました。

日本のゴミの大半は、「生ゴミ」と「食品トレイ」と「ポリ袋」ではないかなぁ。
食品トレイとポリ袋は、石油からできているもの。
石油が高いと言いながら、石油製品を使い捨ててゴミにしていることって
矛盾している気が・・・。

生ゴミと食品トレイは減らすことができたので、
ポリ袋をゴミ出しから減らす試みを、これからしていこうと思っています。

でも、面倒なことをして、精神的にぎすぎすして排他的になってしまう、
そういう域には達したくない、というのがモットー(?)です。
かっこよく、できたらいいなぁ・・・(何の話?)。

さて、以下はダンボールコンポストの経過記録です。

***
17日目■2006・2・10/ゴミ268g/地温28℃

      前夜ダンボールのカバー&古いコートを試しに取ってみる。
      ガーン!一気に朝23℃に下降!

18日目■2006・2・11/ゴミ110g/地温28℃

      堆肥化促進剤小さじ1+きな粉大さじ1投入

19日目■2006・2・12/ゴミ138g/地温18℃

      朝20℃、その後も上がらず!

20日目■2006・2・13/ゴミ0g/地温31℃

      古いサラダ油50cc+木酢液スプレー
      31℃に!水分が足りなかったかも!
      この日から木酢液を毎日少しスプレーする。

21日目■2006・2・14/ゴミ140g/地温33℃

      米ヌカ30g投入

22日目■2006・2・15/ゴミ245g/地温33℃

23日目■2006・2・16/ゴミ155g/地温33℃

      揚げ物の油かす投入

24日目■2006・2・17/ゴミ415g/地温33℃

      残飯投入

25日目■2006・2・18/ゴミ45g/地温48℃

      きな粉20g+古いサラダ油50cc投入
      モクロミ通り、はじめて40℃台突破!
      湯たんぽをはずす

26日目■2006・2・19/ゴミ180g/地温43℃

      湯たんぽをはずす
      40℃あれば、湯たんぽなしでも大丈夫みたい

***

30℃台でもゆるやかに発酵&分解はされているそうですが
ゴミが減った実感がほしくて、40℃台をキープさせようと思いました。

たしかに土の色が少し黒くなり、
1ヶ月前に入れたカブの皮などがなくなっています。

1.5キロの原料の中に、のべ4.2キロのゴミを入れてきたことになります。
「4.2キロの生ゴミがキッチンにそのままある」と思うとゾッとしますが、
それを感じさせない、炭と微生物の共同作業には驚かされます。


« イエローフォール2006 | Main | 異動の季節に »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/74587/8751148

Listed below are links to weblogs that reference 続・生ゴミ肥料04:

« イエローフォール2006 | Main | 異動の季節に »