« January 2006 | Main | March 2006 »

February 26, 2006

異動の季節に

梅のたよりが届くようになるとちらほら耳にする、異動・転勤の話。
ワタシもまた、ダンナさんの転勤でここに引越してきました。

今でこそ環境にも慣れ、他では味わえない楽しみを満喫しようと
小さなトラブルにも前向きな考え方になっていますが

「福島なんかに引越して来なければよかった・・・!」

そう思ったことが1回だけありました。・・・

***

DSC0009101

2003年10月、伊丹空港発・福島空港行きの飛行機は
混沌とした、しかし、思い出のたくさん詰まった
夕焼けに染まる大阪の摩天楼を飛び越して、
新しい暮らしへと、ワタシを乗せて飛び立ったのでした。

DSC0009601

***

1時間強の短いフライトがまもなく終わろうとし
わずかな手荷物と一緒に飛行機の窓から、
近づいた福島の町を見下ろした、その瞬間でした。

「え、真っ暗!!!」

意識して見たことが無かった、漆黒の地上がそこにはありました。
何キロおきでしょう、点・・・点・・・・・・・点、
簡単に数えてしまえるくらいの頼りない灯りだけが
そこにかろうじてヒトが住んでいることを教えていました。

「あ~ぁ・・・とんでもない所に来たんだ!どうしよう!」

これから始まる未知なる毎日への不安から
その圧倒的な闇は、ワタシにとって、味方のまったくいない
押しつぶされそうな孤独を感じさせたのでした。

「人生の選択、間違えたかも・・・」

今でこそ、笑えるエピソードですが、その瞬間の
窮地に立たされたような感覚は忘れられません。

***

DSC0008501

何しろ、大阪でのワタシの「夜景」というものは
昼間よりも明るいほどの林立するビル街のきらめきであり、
運転中のライト点灯など、必要ないほどの光の海だったのですから
田舎の夜の暗さを初めて意識した瞬間だったのです。

郡山市の市街地にはビルもあり、国道沿いには大型店舗も数多い街ですが
車で15分も走れば、田んぼが広がる農村地帯。
福島空港周辺は、「村」という地名が連なる地域でした。

***

さて、2年とちょっとが過ぎて・・・

はじめ、なんて渋滞のない町なんだろうと思ったそのメイン道路も、
今やひとつでも信号を避けようと、裏道を探すようになりました。
交通量が増えたわけではなく、ワタシはこの町に慣れたのでした。

郡山市は、転勤で他市町村から移り住んでいる家族が多いと
よく聞きますし、ワタシのまわりにもそういう方がたくさんいます。

企業戦士として異動を余儀なくされたお父さん・・・。
自分のことより子どもたちの環境の変化を気遣うお母さん・・・。

異動による引越し回数が多いヒトは、
「環境が変わることのストレスから寿命が短い、という統計結果が出た」
というような報道がいつかされていました。
その精神的負担は、経験者にしか分からないものかも知れません。

でも、そんな人生と向き合って、慣れるように毎日努力している方が
全国にたくさんいることを想像してみると、
少しは気持ちが楽になり、励まされるような気になるのです。

| Comments (4) | TrackBack (1)

February 20, 2006

続・生ゴミ肥料04

早いもので、ダンボールコンポストを始めて1ヶ月が経とうとしています。

その間、変わったこと。
・我が家のゴミの量は半分になりました。
・シンクの排水カゴの掃除がとてもラクになりました。
・食品トレイを全部洗い、ゴミに出さなくなりました。
(我が町郡山市では規制があまり厳しくはありません。
 お恥ずかしい話ですが、今までほとんどゴミとして出していました。(^^;
 精肉のトレイとか、出来合いおかずの容器とか・・・。
 それをリサイクルに出したり、調理道具に使ったりするようになりました。)

そして
・ゴミについてさらに考えるようになりました。

日本のゴミの大半は、「生ゴミ」と「食品トレイ」と「ポリ袋」ではないかなぁ。
食品トレイとポリ袋は、石油からできているもの。
石油が高いと言いながら、石油製品を使い捨ててゴミにしていることって
矛盾している気が・・・。

生ゴミと食品トレイは減らすことができたので、
ポリ袋をゴミ出しから減らす試みを、これからしていこうと思っています。

でも、面倒なことをして、精神的にぎすぎすして排他的になってしまう、
そういう域には達したくない、というのがモットー(?)です。
かっこよく、できたらいいなぁ・・・(何の話?)。

さて、以下はダンボールコンポストの経過記録です。

***
17日目■2006・2・10/ゴミ268g/地温28℃

      前夜ダンボールのカバー&古いコートを試しに取ってみる。
      ガーン!一気に朝23℃に下降!

18日目■2006・2・11/ゴミ110g/地温28℃

      堆肥化促進剤小さじ1+きな粉大さじ1投入

19日目■2006・2・12/ゴミ138g/地温18℃

      朝20℃、その後も上がらず!

20日目■2006・2・13/ゴミ0g/地温31℃

      古いサラダ油50cc+木酢液スプレー
      31℃に!水分が足りなかったかも!
      この日から木酢液を毎日少しスプレーする。

21日目■2006・2・14/ゴミ140g/地温33℃

      米ヌカ30g投入

22日目■2006・2・15/ゴミ245g/地温33℃

23日目■2006・2・16/ゴミ155g/地温33℃

      揚げ物の油かす投入

24日目■2006・2・17/ゴミ415g/地温33℃

      残飯投入

25日目■2006・2・18/ゴミ45g/地温48℃

      きな粉20g+古いサラダ油50cc投入
      モクロミ通り、はじめて40℃台突破!
      湯たんぽをはずす

26日目■2006・2・19/ゴミ180g/地温43℃

      湯たんぽをはずす
      40℃あれば、湯たんぽなしでも大丈夫みたい

***

30℃台でもゆるやかに発酵&分解はされているそうですが
ゴミが減った実感がほしくて、40℃台をキープさせようと思いました。

たしかに土の色が少し黒くなり、
1ヶ月前に入れたカブの皮などがなくなっています。

1.5キロの原料の中に、のべ4.2キロのゴミを入れてきたことになります。
「4.2キロの生ゴミがキッチンにそのままある」と思うとゾッとしますが、
それを感じさせない、炭と微生物の共同作業には驚かされます。

| Comments (0) | TrackBack (0)

February 19, 2006

イエローフォール2006

昨年はじめて見た幻の滝を今年も見に行ってきました。
昨年の記事はコチラ→ (2005・2・14 黄色い滝は絵本の中

01
リフトを乗り継いで行くと、一面真っ白に雪化粧した桧原湖が見えてきます。
(裏磐梯スキー場のリフトは、2本でひとり600円)


02
しばらく平坦な場所を北上し、「銅沼(あかぬま)」に到着。
といっても沼は雪で覆われていますので、一面グラウンドのような場所で
磐梯山をさえぎるもの無くおがむことができます。
この日はよく晴れて小鳥の合唱が聞こえていました。

03
向かって右斜面の岩肌からは、ガスが絶え間なく噴き出してにおいます。

04
小さな登りをいくつか越えて、冬場にしか見られないイエローフォールに到着。
今年はレモンイエローフォールでした。

05
イエローフォール周辺は旧噴火口で一面開けているのでランチには絶好。
今回はこんなふうに、タッパー&ジッパーの袋で密閉して
前夜ストーブで煮込んでおいた、きりたんぽ鍋を入れてきました。

06
ひとり500mlをコッヘルで温めます。
きりたんぽは煮立ってから投入して、七味をふりかけていただきま~す♪

07
こんなのや

08
こんなのを

見ながら食べたら、何でも美味しいのです!

09
遠く西吾妻が見えます。中腹はグランデコスキー場。

10
北東には真っ白な飯豊連峰。初めて見ました。迫力あります。

11
下りは「お尻ュージュ」!(楽しそうなダンナさん)

暖かい日が続いていたせいか、イエローフォール周辺の雪はかなり堅く
雪解けしてしまって岩や土が露出しているところもたくさん。
裏磐梯や猪苗代の町なかでも、積雪量はかなり減ってしまいました。

樹木の芽吹きや陽射しの暖かさは、春の気配を感じずにはいられませんが
雪遊びの終わりを想像してしまって、同時にさみしさも感じます。

※イエローフォールを見にくるスノーシュー客が急増したようで
 昨年と違って、雪の上は広範囲に渡って足跡で踏み固められていました。
 スキー場では、スノーシューでのゲレンデ横断を禁じるようになり
 下りもリフトに乗るようにとなぜか「リフトの終点」に書かれていました。
 知らずにチケットを買いそびれたので、隣接する林の中を歩いて下山したわけなのです。
※アウトドアショップ「ワイルド1(郡山市)」の会員証でリフト代が割引されます♪

・・・耶麻郡北塩原村

| Comments (6) | TrackBack (0)

February 15, 2006

監視される私

「庭に野鳥を呼ぼう計画」(?)から、はや2ヶ月。
2005・12・9「とりぱんに憧れて」

ようやく、ワタシの小さな小さな庭に、野鳥が訪れ始めました。
・・・と言っても、ヒヨドリとスズメですが。

徐々にエスカレートしていくメニューの数々により、
現在、(貧相な)総7階建てなのです。

7F・・・りんご&みかんその2
6F・・・米&パンくずその2
5F・・・みかんその1
4F・・・バードケーキ
3F・・・米&パンくずその1
2F・・・りんごその1
1F・・・プール

※バードケーキは、古くなったサラダ油に
 小麦粉と砂糖を練ったままのものです。

今週になって、ちらほら鳥たちの影や声を感じた私、

「どぉ~れ、どれ。来てるのは、どの子かな~~??ふふん♪」

目じりを下げて孫を見つめるおじいちゃんのような気持ちで
わずかな隙間から目を凝らして、物音を立てずにじ~っと観察。

中腰の姿勢のまま、5分経過。

「ハッ!!!」 Σ( ̄□ ̄#)!

向かいの屋根からスズメにしっかり監視されていた私なのでした。
立場、逆だよ・・・。

| Comments (6) | TrackBack (0)

February 14, 2006

フィナンシェ

バレンタインデーにちなんで、お菓子を焼いてみました。
060214_01113
お菓子づくりも好きですが、ラッピングするのも大好きです。
ウチにある空き箱やリボンを使って・・・ワクワクします。

今回作ったのは、チョコレートの「フィナンシェ」。
アーモンドの香りが濃厚な、平たい小さな焼き菓子です。

フィナンシェとは、フランス語で「金融家」「資本家」という意味で
本当は平たい長方形に作るものなので、
金ののべ棒のようだということから、このネーミングになったそうです。

このエピソードからは、リッチなバレンタイン、なのですが
フィナンシェの焼き型がなくて、マドレーヌ型を使用・・・。
また、バレンタインなのでチョコレート味にしたことで
「金色」ではなくなってしまいました。

金ののべ棒にはほど遠い、我が家らしいフィナンシェかな。(^^;

1時間もあれば、出来上がってしまう簡単なものですが
他には何も考えずに夢中になっている、このくらいのお菓子づくりの時間は
精神的にすごく満たされる気がして、ちょっとクセになってきました。

| Comments (0) | TrackBack (0)

February 10, 2006

続・生ゴミ肥料03

060210_00813
かすかに独特の優雅な香りがして、ヒヤシンスが咲きながら成長しちゃってます。
寒暖差で虫メガネ(ズーム利用)がくもり、偶然いいショットになりました。

060210_00313
庭に挿しておいたリンゴに食痕が♪
全然気づかなかったけど、ヒヨドリが来たのかなー?(^^)

***

さて、ダンボールコンポストの温度がなかなか上がらず、
何かいい方法はと探していたら・・・

ダンボールコンポストを普及する釧路友の会発行の「ぱっくん通信」に
こんな情報(我が家のぱっくん自慢・ケイ子さんの記事)が!!

な、なるほど!人間と同じですね、つまりは湯たんぽです。

そうして、こんなふうにして、あっためてやりました。
060210_02113
ダンボールのカバーに着なくなったコートを安全ピンで留めて覆い、
寝る前に、熱湯入りの小さなペットボトルを2つ、入れます。
ペットボトルは「オレンジキャップのホット専用」にしていますが
どのくらい繰り返し使えるのかは不明なので、注意が必要なのです。

以下は経過記録です。

11日目■2006・2・4/ゴミ130g/地温20℃

      ダンボールのカバー&古いコートで覆う
      きな粉大さじ1+堆肥化促進剤小さじ1投入

12日目■2006・2・5/ゴミ140g/地温20℃

      温度が20℃台をキープ!上着の効果か。

13日目■2006・2・6/ゴミ160g/地温22℃

      土のう袋からコンポストにあける
      きな粉50g+古いサラダ油50cc投入
      ペットボトルの湯たんぽを深夜~朝に入れ始める

14日目■2006・2・7/ゴミ100g/地温30℃

      地温が30℃に!!ダンボールの中がほんのりあったかい!
      古いサラダ油30cc+堆肥化促進剤小さじ1投入

15日目■2006・2・8/ゴミ102g/地温33℃

      容器に残ったヨーグルトに水50ccを攪拌して投入

16日目■2006・2・9/ゴミ120g/地温30℃

      容器に残ったヨーグルトに水30ccを攪拌して投入

***

※土のう袋は、湿気を逃がすダンボールの特性を妨げることに気づき、
 使うのをやめて、内容物をじかに入れました。
 これで失敗は許されないのです・・・。

※地温を上げる(発酵を手伝う)のに、きな粉やサラダ油、
 米ぬか、天かす、砂糖、ビールなども◎だそうです。

***

この厳寒季にスタートしたのは、ハエなどの虫や腐敗臭が発生しないと想像したのと
(虫は嫌いではありませんが、仲良くはできませんので・・・(^^;)
完全な肥料として使うには、半年前後はかかるそうなので
庭の花が咲く頃に使えたらいいなぁ、というモクロミからです。

ゴミの臭いがまったくしないのには驚きです。
原料のほとんどが「土」ではなく、「炭」であるからでしょうか。
ウチでは「コーヒーがら」と「茶がら」は毎日必ず入れるので
それも消臭効果があるのかもしれません。

ダンボールの中が「もわっ」とあったかいのは
目に見えない小さな生きものたちのパワーなんだと思うと結構カンゲキします!
この微生物の発熱パワーは、融雪などに活用できないのかな~?

しかし、日本広しといえど、夜な夜なゴミに湯たんぽ入れてる人間って、
かなり少数だと思われます・・・。(^^;;;

| Comments (5) | TrackBack (0)

February 07, 2006

天国と雪国のあいだ

先週末の裏磐梯は、こんな顔をしていました。

060205008
桧原湖の南から西側に向かう道路沿いです。
体感気温は氷点下10℃くらいだったかもしれません。

060205010
さすがに動物の足跡はひとつもありません。
みんなどこかで身をひそめて、じぃっとしているのでしょう。

060205013
カナダ?アラスカ?トナカイでも出てきそうです。
曇天下の銀世界は、怖いくらいにきれいで
なんだか、この世とあの世の境い目にでもいるような・・・。

060205017
立春哉 北の木立は 雪満開  (御粗末(^^)

060205015
全面結氷した桧原湖には、ワカサギ釣りを楽しむテントが
カラフルなアイスキューブみたいで可愛い、福島の風物詩です。

で、ワタシたちはと言えば・・・雪中おでん、アゲイン☆
吹雪いていたので、写真を撮る気は起きなかったのですが
そんな状況でも外で食べるって・・・いったい我ながら
どれだけ現実逃避したい精神状況なんだよ・・・。(^^;
締めにギョーザを入れると、スープにとろみがついていいです♪

風裏になるところで食事をしていたら、ウソキジが現れました。
吹雪と静寂が、野鳥の警戒心を解いたのかな。
コントラストのない白一色の世界の中で
ウソのサーモンピンクは、ただひとつの暖色で、
その鮮やかな蛍光カラーと、口笛のようなさえずりには、
おでんの箸も思わず止まってしまいました。

・・・耶麻郡北塩原村

| Comments (0) | TrackBack (0)

February 04, 2006

続・生ゴミ肥料02

今朝はとっても冷えました・・・。

060204_00113
カーテンについた結露が小さなつららになっています。

060204_01113
窓の結露が凍っているのが分かるでしょうか?
サッシの窓も「えぃっ!」と力を入れて開けないと、開きません。
この窓は、ハンドルを回して開けるタイプで、氷が解けないと開きません。
こんな暮らしがあることすら、ここ福島に来るまでは知りませんでした。

***

さて前回ご紹介した、ロボットのようなコンポストの全容はコレです。

060203_00213
ビニール製土のう袋は、メッシュ状になったもので
ピートモス、くん炭、地温計と共にホームセンターで販売しています。
底に湿気が溜まった時や、虫の発生、肥料化の失敗時を想定して
この土のう袋に入れることにしました。

以下は、10日間の記録です。

1日目■2006・1・25/ゴミ180g/地温16℃

2日目■2006・1・26/ゴミ130g/地温15℃

3日目■2006・1・27/ゴミ260g/地温16℃(堆肥化促進剤小さじ1投入)

4日目■2006・1・28/ゴミ170g/地温16℃

5日目■2006・1・29/ゴミ175g/地温16℃

6日目■2006・1・30/ゴミ200g/地温20℃(堆肥化促進剤小さじ1投入)

7日目■2006・1・31/ゴミ130g/地温20℃

8日目■2006・2・1/ゴミ165g/地温16℃

9日目■2006・2・2/ゴミ175g/地温18℃(堆肥化促進剤小さじ1投入)

10日目■2006・2・3/ゴミ200g/地温16℃

※堆肥化促進剤・・・生ゴミアップZの名前で売られています。
 有効微生物と酵素・米ヌカ・活性炭などを完全発酵させたものです。
 米ヌカ単独でも代用できると言われています。

※ウチは夫婦ふたりの食卓で、ゴミ発生量も少ないことから、
 ピートモス960g・くん炭640gの量を使っています。

※塩分のあるもの(微生物を殺してしまう)や
 貝・玉ねぎの皮・卵の殻(分解しにくい)は、入れていません。

※1日数回混ぜて空気に触れさせています。

今のところ、臭いもないですが、発酵を表す地温の上昇もありません。
部屋の気温は、明け方約7℃~日中約20℃。
ちょっと微生物には寒い環境なのかもしれません。

| Comments (3) | TrackBack (0)

February 03, 2006

クマと眠る夜

朝起きてカーテンを開けると、曇ったガラスが雪明かりで白くなっています。
「あー、雪」。
2日連続して雪が降り、郡山の町は白一色になりました。

「雨ふり」という言葉のように、郡山のヒトは雪が降ることを「雪ふり」と言います。
今年は雪ふりの日はあっても、ドカっと積もる日はまだありません。
では、暖冬かというと決してそうではなく、露地野菜の出荷は少なくなっているし
湯たんぽがどの店も品切れ、再入荷未定の状態です。

さて、昨シーズンまで、レンジで温める簡易湯たんぽ使用のワタシでしたが
郡山の寒さにはやはり頼りなく、12月頃にマイ湯たんぽを購入しました。
湯たんぽの全国シェアNo.1企業、タンゲ化学工業(名古屋市)
「L&B湯たんぽ」は、フツーよりお値段は張りますが、素晴らしい使い心地です!!

湯たんぽだけでなく、まわりの空気を温める構造になっているので
ふとんの中が今までの湯たんぽに比べて、広範囲にあったかいのです。
しかもとってもパワフルで、夜8時頃入れて、翌日午前中くらいまで
温かさが継続します。(ネットショッピングのコピーみたいですが(^^;)

060202_00413
このL&B湯たんぽの付属のきんちゃく袋の絵柄が、テディベア模様だったことから
我が家では、そのケモノ的パワーに敬意を込めて、「クマ」と呼んでいます。

「クマにお湯、入れた?」などと会話で使っています。

このクマを生産しているタンゲ化学工業の商品ブランドネーム・・・「愛妻の友」。
うーん、昭和の香りはするけれど、そこがまたナイスなネーミング!(^^;
たしかに、クマはもう手放せないワタシの親友になってしまいました。

しかし、このクマは我が家に一頭しかおらず、現在ワタシの独占状態で
ダンナさん用のクマは手に入らない販売状況なので
レンジで温める簡易湯たんぽを、その頼りなさから「アライグマ」と命名し
ダンナさん専用で我慢してもらっています。

ワタシ 「クマ、あったかぁ~い!!ぐふっ♪」(布団にもぐりこむ)

ダンナさん 「はぁ~、アライグマちっちぇえ~、つめて~・・・」

現在、パワフルな方のクマをもう一頭、冬の間に指名手配中なのです。
あなたの近くに、いませんか?

| Comments (0) | TrackBack (0)

February 01, 2006

スノーシュー@裏磐梯中瀬沼

毎週、雪の磐梯山を見ないといられなくなってきました・・・。

06012902_00513
とっても暖かくて良い天気のこの日、人出も多かったです。
スキーの跡は、まるで高速道路のよう・・・。

06012901_01313
あまりの陽気に木の芽も踊ってるみたい・・・に見えませんか?

06012902_00613
あ、うさぎー!!見つけたよー!!今季は3匹め♪
先週の経験で、このくらいの積雪、斜面はいくらか平気になりました。

06012902_02213
氷の中の夕暮れ。
陽が落ちかけると、あっという間に静けさに満ちてきます。

06012902_03313
ほんのりピンクの剣が峰。
陽が長くなったので、夕焼けタイムのスノーシューはおすすめです。
30分ほどの短い時間に、雪が、山が、空が、
ピンクやパープルにみるみる染まっていくひとときは
アルプスの少女ハイジの一場面のよう。

・・・耶麻郡北塩原村

| Comments (2) | TrackBack (0)

« January 2006 | Main | March 2006 »