« Five minutes | Main | やまびこの正体 »

March 17, 2006

続・生ゴミ肥料05

ダンボールコンポスト(愛称ゴミー)、続報。

060316_00521
毎朝見る、ゴミーの状態。
もわっとあったかく、まだら模様になっています。

060316_01021
色の濃いところが発酵中で、微生物の活動痕と思われます。

ようやく地温を保つコツが分かってきました。
ゴミーには何より「空気」と「水分」が必要で、
米ヌカや油よりも、水分を100cc入れるだけで、顕著に地温は上昇します。

土を使うコンポストは「とにかくゴミの水分を切ること」が原則です。
しかし、ピートモスとくん炭のダンボールコンポストは
土に比べて圧倒的に乾きやすいのが特徴で
「水分を抜く」より「水分を加える」ことで調節を楽にした方法なのです。

そういう意味では、カラッとした気候の東北や北海道はもちろん、
ジメッとしがちな気候の、関東以西にお住まいの方にも向いている気がします。

しかし、はじめて2ヶ月たち、地温が上昇すると、
「無臭」とは言えなくなりました。
「キッチン、くさいっ!!」ってわけでは決してないのですが
ゴミーのフタを開けると独特の臭いがします。

なんて表現したらいいのか・・・臭くは、ない、と思うんですケド・・・
真夏にこれ、かき混ぜるのは、どうなんだろ・・・
やっぱ、冬期限定、が無理せず続けられるかなぁ。

そういえばよく「土の香りがする!」なんていいますよネ?
このゴミーがゆくゆくはそういうふうになるらしいんですが、
土の香り自体がよく分からないワタシ、気づくンデショウカ???

***

最近の風呂トモダチ。

060316_01321
どーん。タイトル文字、ふとっ!&、ピンクレディー・・・

月刊現代農業・別冊 「堆肥・とことん活用読本」(農文協)。

いや、半分以上書いてあること、理解できないんです(え!)、けど
内容のほとんどが、実名入りドキュメントという説得力により
土とまじめに関わろうとしている方の、地道な実践が書かれていて
繰り返し、繰り返し、読んでいる、クロミニです。


« Five minutes | Main | やまびこの正体 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/74587/9129283

Listed below are links to weblogs that reference 続・生ゴミ肥料05:

» ダンボールは乾燥しすぎる [生ごみ処理機研究ノート]
生ごみコンポストで大事なのは水分の調整といわれています。一般的に、台所の生ごみは水分が多すぎるため、コンポストも水分過多になって失敗することが多いようです。ダンボールコンポストは、水分を逃がしたり少しは保湿性があるので使いやすいといわれていますが、私がやってみたところと非常に乾きやすいようです。 ダンボールは乾きすぎるというのが、管理の難しいところかもしれません。 私のダンボールコンポストも壁に近いと�... [Read More]

Tracked on March 21, 2006 at 12:22 AM

« Five minutes | Main | やまびこの正体 »