« 炭焼き体験 | Main | 続・生ゴミ肥料05 »

March 15, 2006

Five minutes

突然ですが、このブログを読んで下さっているアナタさま。

アナタさまには、性別問わず「恋愛感情」ではなく「ひとりの人として」
何度会っても(もしくは一度会ったきりなのに)、
「また、この人に会いたい!」って思えるようなひと、いますか?

慣れ親しんだ友人、ではなく、「憧れ」や「信頼」を感じ
その人といると、何か自分のためになる、と思えるような、
尊敬できる人、というニュアンスで。

・・・・・・・・・・*・*・*・*・*・*・・・・・・・・・・

先日の炭焼き体験で出会ったとあるひとりの男性。
時間にしたら5分もないくらい、フタコト・ミコトしか会話しておらず
その内容は、特別道徳的なものでも、哲学的なものでもなかったのに
初対面にも関わらず、ワタシは尊敬の念を抱いてしまいました。
(マイダンナさんも同じ感情を抱いたと言っていました)

何がそんなに、って具体的に説明しようとすると難しいのですが・・・

会話というのは、たった5分でその人を現してしまうのかなぁ。
話し方、表情、態度、テンポ、とまぁ要素は確かにたくさん含んでいます。

でも5分でそう思わせたその人には、表面上で取り繕ったのではなくて、
内面からにじみ出るような人の豊かさ・深さが感じられたのでした。

明らかに、今のワタシには持てない「何か」をたくさん持ってる感じ。
いや、高級車とかじゃなくて(^^;・・・

他人の声に、感情的にならずに耳を傾けられる余裕 とか

長い間揺るぐことなく続けてきた、自分の信じるスタイル とか

自分の努力や実績をあえて語らないでいる謙虚さ とか

他人の間違いを、冷静に指摘できる強さ とか

その場しのぎの媚びを売らない自信 とか、そういうものを。


・・・いや、勝手にイメージしてるだけなんで、
こんなにカッコイイ人じゃなかったりして?

でも、まぁそういう人に出会うと、「もっと会いたい!」って思います。
「何か」を吸収したい、と思うからなのでしょうか。

ワタシにとっては、そういう身近な人への憧れって
生きて行くうえでのかなり直接的なパワーになります。
自分の具体的な目標を見るような気持ちなのです。

そうして、不思議なことに、そのお方もまた
ワタシよりもっと先にある理想像を求め、
その憧れに支えられていることを、何となく感じるのです。


« 炭焼き体験 | Main | 続・生ゴミ肥料05 »

Comments

こんにちは。
フォレストパークのスタッフだと、そういう方が何人もいるかなあという気がします。
獣医師の溝口さんだと、「オーラ」が出ているという話も耳にするし、何度も話を聞いてみたいという感じでもあります。
でも、炭焼き体験にまで顔を出しているわけでもないと思うので、一般の方だったのでしょうか。
話し方って、とても大事ですね。同感。

Posted by: じん | March 18, 2006 at 07:04 AM

じんさん、こんにちは。
獣医師の溝口さんは存じ上げませんが、もしかして鳥獣保護関係の方かな?
「オーラ」・・・そうか、そうですね、そういう表現もできますね。
お会いしてみたくなりました!

この記事の中の方は、唯一名前をあげてしまっている(汗)そのヒトです。
「たけやま森の学校」という団体にいらっしゃるそうです。

話す時、自然体でいるというのは大切だと思います。
その上で、自分が目指しているものが現れたらいいなぁと思います。

Posted by: クロミニ | March 21, 2006 at 11:09 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/74587/9105877

Listed below are links to weblogs that reference Five minutes:

« 炭焼き体験 | Main | 続・生ゴミ肥料05 »