« 遅い啓蟄 | Main | ふきのとう観察・その後 »

April 09, 2006

スノーシュー@浄土平

福島市の高湯温泉と土湯峠を結ぶ、磐梯吾妻スカイラインが
およそ5ヶ月ぶりに開通し、早速名物「雪の回廊」を見に行きました。

060409_0002
土湯峠の料金所から入りました。
昨日の吹雪、今日の強風の影響もあって、滝見台付近までは
あたり一面、ご覧のとおりの見事な樹霜で圧巻でした。

060409_0003
高山付近に進むと、3m前後の雪の回廊が現れます。
新聞では、現在の浄土平の積雪は例年の2倍、4mと伝えていました。
2月頃、一体何mだったんでしょう・・・。(^^;

060409_0004
兎平に入ると、一切経山が見えてきます。
兎平駐車場は、山スキーを準備する人で賑わっていました。

060409_0005
麓は晴天でも、浄土平はこの吹雪です。
軽装で吾妻小富士に登る人もちらほらいました。

060409_0006
鎌沼方面へ進んでみたのですが、ホワイトアウト状態が続き、
とても楽しめそうにはないので、引き返しました。
気温は-2℃。アイゼンで登る人が多かったです。
標高1600mにしては暖かく、登り続きで汗をかきました。

060409_0007
左に見えるのが天文台とビジターセンターです。
駐車場は午前中からたくさんの車で賑わい、
その半分以上が、山スキーやスノーシューを楽しむ人でした。
現在、レストハウスもビジターセンターも営業しています。

060409_0010
レストハウスの「ケリー」は美味しかったです(なんでケリー??)。
手前が、「カツケリー(キャベツが乗ってる!!)」。
奥は、「薬膳ビーフケリー(なぜか古代米ふう赤いご飯)」。

060409_0008
帰りは、高湯方面へ。荒涼とした火山の風貌です。

060409_0009
途中、雪崩を起こした箇所もありました。

除雪はされたものの、依然として春の遠いスカイラインでした。
東北の春、まだスタッドレスタイヤは脱げません。

スノーシューを楽しむようになってから、雪解けが少し寂しくなりました。
雪は、緑の季節には入れない自然のフトコロで、ワタシを遊ばせてくれます。
白いじゅうたんに残された足跡が、普段は意識しない生きものの存在を
身近に感じさせ、また、その生命力の強さに驚かされます。
標高の高いところでなら、もう少し、春に駄々をこねることもできそうです。

浄土平ビジターセンター・ホームページ

***

060409_0001
ウチのそばで見つけた桜の蕾です。今週末あたりが咲き始めかな?


« 遅い啓蟄 | Main | ふきのとう観察・その後 »

Comments

捕捉しますと、例年よりも磐梯吾妻スカイラインの開通は
約1ヶ月早くなり、料金も通行料+浄土平駐車場セットで
400円ほど安くなっております(5月31日までの試験期間
のみ、らしいです)。
スカイライン自体は除雪されておりますが、ところどころで
圧雪状態の路面もあり、スタッドレスタイヤまたはノーマル
タイヤ+チェーンは必須ですね。くれぐれもノーマルタイヤ
で「冒険」はしないようにしてください。
老若男女、大勢の人が訪れており、標高1600mの銀世界を
楽しまれていました。
しかし、Tシャツ+セーターで吾妻小富士に登る人がいるとは
驚きでした(苦笑)。
昨年5月連休に行った、秋田・鳥海山のブルーラインに匹敵する
積雪量でしたね。

Posted by: クロミニだんな | April 09, 2006 at 11:20 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/74587/9510395

Listed below are links to weblogs that reference スノーシュー@浄土平:

« 遅い啓蟄 | Main | ふきのとう観察・その後 »