« ある~日♪森の中♪ | Main | 夏至のころ »

June 04, 2006

6月の尾瀬

6月の尾瀬沼を見に行ってきました。

Oz01_1
尾瀬沼に向かう、檜枝岐村(ひのえまたむら)国道352号のブナ平は
この冬の雪の多さを物語る、白と緑のコントラストです。

Oz02
御池~沼山峠までは会津乗合バスで移動しました。
沼田街道はご覧のとおりの残雪です。
ストックや軽アイゼンがあると歩きやすさが違うと思います。

Oz03
途中、結構急な斜面もあって、滑るように駆け下りました。
(オレンジのシャツ、焦るクロミニデス)

Oz04
林の中の落しもの。モスで作られた巣のようです。

Oz05
好天に恵まれ、高原特有の紫外線の強さでした。
ようやく木道の雪がなくなった、という感じです。

Oz06
尾瀬の代名詞、水芭蕉が咲きはじめています。
カッコーやホトトギス、ウグイスの鳴き声がBGM。
水は驚くほど透明できれいです。

Oz07
東北で一番高い山、燧ケ岳(ひうちがたけ)は2356m。
「山」の文字のような象徴的なカタチです。

Oz08
尾瀬沼ビジターセンターそばの長藏小屋。

Oz09
「花豆ジェラート」はアズキの風味でおすすめ!ウマいです!

沼山峠~尾瀬沼北岸~沼尻休憩所(昼食)~
尾瀬沼北岸~ビジターセンター~沼山峠、計13キロを歩きました。
「尾瀬沼南岸は残雪に加え、足場の傾斜がキツい為おすすめできない」と
沼尻休憩所のおねえさんに言われ、今回はあきらめました。
水芭蕉の満開まではあと1週間ほどでしょうか。
道中の雪解けまでは、さらにあと1週間はかかりそうです。

***

今回は、檜枝岐村の見通りキャンプ場に泊まりました。
そこで、エゾハルゼミの脱皮に出くわしたのでちょっとご紹介。
Semi01
Semi02
Semi03
Semi04
Semi05

3時間くらいかかって、ゆっくりしかし懸命に脱皮していました。
羽が形づいてからも、なかなか飛び立たないんだなぁ。
羽化したてのセミって、こんなにパステルカラーなんだなぁ。
脱皮はじめはイナバウアーなんだなぁ。

カジカも鳴きはじめていて、会津地方にも初夏の気配がしていました。

・・・南会津郡檜枝岐村


« ある~日♪森の中♪ | Main | 夏至のころ »

Comments

ひょえぇ~まだ雪があるぅ~おろろき!!!
そしてまだ新緑なのですなぁ。

今日、巨大な入道雲見て実感しました。。。
こちらは夏ですよぉ~

Posted by: 小豆 | June 06, 2006 at 10:33 PM

小豆さん、こんばんは(^^)

尾瀬も3日間、とても良い天気で、特に土曜日は雲ひとつ無い
日本晴れでした!
前を歩いていた70歳台くらいの年配の男性3人衆が、
「6月の週末で、こんなに天気がいいのは今日が最後だろう」
と話していたのが印象的でした。
*この年齢で友人3人と尾瀬に来る姿に、微笑ましさと羨ましさ
 を感じました。良い人生を過ごされているな、ってね。

昨年から今年にかけては檜枝岐村での積雪は例年にない位
多かったらしく、1ヶ月くらい季節が遅い印象でした。
新緑と残雪の、緑と白のコントラストがとても美しく、
東北の自然の良さに浸れましたね。
また行きたい気持ちがウズウズしてます(^^)

大阪の空にそびえる入道雲、あの強烈な陽射しが懐かしい
です。。。
*ハルゼミの脱皮、見つけた時はちょっと引きました(^^);


Posted by: クロミニだんな | June 06, 2006 at 11:32 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/74587/10392031

Listed below are links to weblogs that reference 6月の尾瀬:

« ある~日♪森の中♪ | Main | 夏至のころ »