« ドカティ | Main | きれい・きたないとは何だ?! »

July 30, 2006

梅雨明けの予感

しとしとと、いつもよりたっぷり降り続いた7月の毎日。

軒先では、ツバメのヒナが3羽、雨にも負けずエサを持ち帰ったママから

誰より先にそれをもらおうと、必死でアピールしていました。

あ、トンボだ・・・うわ丸呑み・・・すごい食欲~。

ママツバメは、3羽のどのコにもエサを平等にあげているのかしらん?

ついつい観察してみると、う~ん、なるほど。

自己アピールの強烈な長男、

続いて、負けずに背のびする次男、

2羽のアニキたちに出遅れがちの小柄な三男坊。

どのコにも、ママツバメはちゃ~んと、平等にエサをあげているのでした。

***

梅雨明けかなと思われるような快晴のある日、

ふと軒先を見上げると、そこには、1羽のヒナ・三男坊だけ。

久しぶりの青い青い空に、飛行訓練を始めているツバメたちのシルエット。

あぁ、アニキたちは巣立ちをしたのです。

おいおい、三男坊、だいじょぶかい?

行け行けガンバレ!兄ちゃんたちに続け!

***

そうして迎えた今週末、ツバメの巣にはもう1羽もいませんでした。

5月、ママツバメの何より大切なベッドが

6月、今か今かと待ちわびたヒナたちのベビーベッドに変わり

7月、数分に1回という慌ただしいダイニングになって

梅雨明けの予感といっしょに、その役目を終えたようです。

静かな軒先はちょっと寂しいけれど、

そんなことも忘れる暑い夏がそこまで来ているのかも。


« ドカティ | Main | きれい・きたないとは何だ?! »

Comments

あれほどしがみついていた梅雨前線が腰砕けに消えてしまい、一気に梅雨明けを宣言してしまいましたが、さてさてという感じも。
明らかに気圧は妙な状況なので本当に明けたという天候になるのはまだ先かなとも。
先月のことですが、とある店の入り口天井にある小さなスポットライトの上にしがみつくように止まっている三羽のツバメがおりました。向こうにちゃんと巣があるだろうに、と思いましたが、巣立ちの時期だったのでしょうね。その後の行方は知りません。

Posted by: ムムリク | July 31, 2006 at 10:29 AM

こんばんは、ムムリクさん。

ポッカリと空家になり、静まり返ったうちのツバメの巣を見上げると、
あの3匹の子供と親鳥達は今頃どうしているのかと、
思わず遠い目をしてしまいます。。。
「とりぱん」で、ツバメの巣立ちを描いて欲しかった(^^)

飛び立ったあの家族には、2日後の梅雨明けがわかっていたんで
しょうか。野生の本能って、不思議ですね。

Posted by: クロミニだんな | August 07, 2006 at 02:34 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/74587/11157820

Listed below are links to weblogs that reference 梅雨明けの予感:

« ドカティ | Main | きれい・きたないとは何だ?! »