« October 2006 | Main | December 2006 »

November 28, 2006

「クマを知る」勉強会

Shimo

軽井沢でクマとの共存を目指して活動している「ピッキオ」による

「クマを知る」勉強会に参加してきました♪

情報を正確に伝えるために、

教えて頂いたことだけを、箇条書きにしておきます。

全国的なニュースになっている、大きな「おとなりさん」と

うまく共存できるヒントになりますように。

***

○福島県で捕獲されたツキノワグマの数は、
 2006年327頭、2005年57頭、2004年132頭。

○成獣の平均体重、オス60~80kg、メス30~40kg。

○会津で捕獲されたツキノワグマ12頭のうち
 月の輪模様のないクマは4頭いた。

○ツキノワグマは、積極的に狩りをしないが、
 カモシカやヒトの死骸を食べる例は報告されている。

○ツキノワグマのオスは、子グマを襲うことがあるため
 子連れの母グマは、オスを避けて行動している。

○冬眠中は、意識があるが、身体の代謝が低下しているため
 排泄はまったくしない。

○子グマがひとり立ちするまで1年半~2年かかる。

○クマは冬眠中(1~2月)に出産する。

○生まれたてのクマは、わずか250g。

○クマの年齢は、捕獲時に抜いた歯をスライスして
 その年輪のようなものを数えることにより、推測する。

○子猫ぐらいの大きさの子グマは、
 大人の女性と同じくらいの力で、前足を引くことができる。

○クマの寿命はおよそ20年。

○捕殺されたクマは、土に埋めることが義務づけられている。

***

質問の機会があったので、私も1つさせていただきました。

キャンプの際、食事の痕跡を、

ファスナーを閉じたメッシュタープ内でさえも、

残さない方が良い、とのことでした。

海外では、睡眠と食事のテントを分けることはもちろん、

調理をした洋服さえも必ず分別する習慣があるそうです。

視力の弱いクマは、嗅覚により、食べ物を探し場所を覚えるためです。

***

改めてクマは怖い、圧倒的に強い、と思う反面、

なんて弱く、臆病なんだろうと思うと、切なくなってしまいます。

あれだけ大きな身体を維持するために、

小さな小さなドングリや、ハチやアリ、

どれだけ食べなくちゃいけないんだろう?

たくさん食べて、たくさん移動し、たくさん排泄できるからこそ

クマの臼歯は、木の実をすりつぶして消化するようには

できていないんじゃないのかな、

木々の種をばらまき、森づくりの役をやっているんじゃないかな、なんて。

けれど、参加者の中には、被害に遭われた方もいらっしゃり、

安易にクマの生態を美化するような気持ちではなく、

「隣人」を知り、正確な情報を持つことがまず大切なんだと思わされました。

・・・耶麻郡北塩原村

| Comments (7) | TrackBack (0)

November 20, 2006

友達と行く*初冬の裏磐梯

ネットで知り合った人と、実際に会うことはとても勇気がいります。

「想像していた人と、もし違っていたら・・・」

「自分の感覚とのズレがあって迷惑をかけたら・・・」

「遠くに住んでいる人なら、あえて会う必要もないのかな・・・」

そんな思いを一蹴してくれるように、740kmを越えてきて下さったABIRIさん。

ワタシとワタシのダンナさんは大歓迎で、裏磐梯へお連れしました。

顔も、声も、知っている友達ができるヨロコビと、信頼されるヨロコビ。

ネットという環境や、距離のハードルが、そんなヨロコビを倍増させてくれました♪

***

01tori
100~200羽の白鳥がお食事中。
三森峠を抜けて、猪苗代湖南の館浜付近の田んぼにて。

02yama
裏磐梯・中瀬沼探勝路を歩いて展望台にて。
日に日に白くなってきた磐梯山です。

03futari_1
ミネストローネとパンのランチ中。冷えた身体が温まっておいしかったです。
(市販の液状スープにベーコンやミニウインナー、キャベツ、ビーンズを煮込みました)

04moku
曽原湖近くにあるペンション「もくもく」に泊まりました。
アウトドアガイドで有名ですが、お食事もとても美味しいです!
夕食=白合え・きのこのフライ・サラダ・きのこ鍋・手まり寿司・
    アスパラとナスとお肉のソテー・ご飯・みそ汁
朝食=オニオンスープ・ドリア・スプラングルエッグ・サラダ・
    ロールパン・シリアル・ミルク・リンゴ・柿・コーヒー

05moku
3階立てのログハウス内は床暖房であったかでした。
2階のくつろぎスペースにて、ビーパル創刊号を見るふたり。
アウトドアに留まらず、小説やエッセイなど色々な本を読むことができます。

しし座流星群が接近するというこの夜、見事に晴れ上がり、空には満天の星。
そして3人の前に、用意されたかのような超特大級の流れ星が!!
すごかった、首が左から右へ動きましたから・・・===☆

06asa
翌日は5時半起きで、朝焼けの写真を撮りに。

08asa
明るんでいく裏磐梯。木々も山もみんな静かに朝を待っています。

07akimoto_1
秋元湖サイクリングロードから東を望む。(クリックで拡大できます)

09yama_1
秋元湖から見た朝日を浴びた磐梯山。(クリックで拡大できます)

11simo
霜が芝生の上にびっしりと降りて・・・。ダンナさんとABIRIさん。

10yama
裏磐梯高原ホテルから見た磐梯山と弥六沼。(クリックで拡大できます)

13hibara
桧原湖西畔から見た吾妻山も既に白くなっています。(クリックで拡大できます)

12miti
ペンションオーナーもくさんのすすめで「野鳥の森」へ。
この冬はじめての雪を踏みしめて♪

14kuma
クマの爪跡と熊棚の見つけ方を、もくさんに教えてもらいました。
爪跡は、クマも登りやすい細いブナの木にあります。

15kuma
ヒトの子どもが登り棒をすべり降りるように、クマもブレーキの役目で付けるのです。
これは爪跡が太くなっているので、この木がもっと若い頃に付けたのでしょう。

16kuma
クマが樹上で枝を折りながら実を食べ、枝をお尻の下に敷く「熊棚」。
双眼鏡で見ると、ブナの先の枝が折れているのが分かります。

この冬は、やはり木の実が不作だそうで、
もくさん曰く、クマは食べ物がなければ早く冬眠に入りがちだとのことです。
昨日歩いた中瀬沼や、クロミニ常宿の休暇村は、クマのよく見られる場所だ、とも・・・。
ますます存在を意識してしまいそうです・・・。

17yama
野鳥の森展望台から見た磐梯山。

18hibara
同じく桧原湖。春・夏では東畔がこれほど見えません。

19futari_1
おおきなブナのそばで。野鳥もかつてないくらい、総出で迎えました♪
コゲラ・アカゲラ・アオゲラシジュウカラ・ゴジュウカラ・カワセミツグミウソエナガ・・

・・・郡山市湖南町~耶麻郡北塩原村

***

ABIRIさんは、HPでの文章やメールでのやりとりの印象と変わらず

思いやりと勇気を持ち合わせた、尊敬できる女性でした。

そして、私たち夫婦との共通点をたくさん見つけたり、

自然の中で遊ぶ楽しみ方もまた、本質的に似ているなぁと感じました。

思い出に残る楽しい旅ができて、本当にお会いして良かったです!

次はダンナ様といらっしゃってくださいね♪

ABIRIさんのHP・・・ABIRI 海と山

| Comments (4) | TrackBack (0)

November 10, 2006

悪魔の梯子?!背戸峨廊

会津より少し遅れて紅葉する、太平洋がわの浜通り。

061110_kiro2
いわき市にある渓谷「背戸峨廊(せとがろう)」に、電車で行ってきました。
ここは、沢登りの技術なしで歩ける、珍しい渓谷の遊歩道なのです。

061110_kanban
入り口にはこんな看板。はじめて来たんだけど、今更戻れません。
自宅から2時間、かかったんだもん・・・。

061110_tokkake
駅から30分でお目見え、「トッカケの滝」とハシゴ。
コースガイドで見て知ってはいたけど・・・げげっ・・・
ハシゴ登るの、はじめてでしたが・・・ジャングルジムみたい。
滝の大きさが真横で迫ってきます。音もサラウンド!

061110_kusari2
「釜の淵」だったかな?きれい・・・
右端には、お約束のクサリ・・・
渡ってみれば、クサリがあると安心!ってこと。
ない場所は、身体を預けるところがないから怖かったです。

061110_hashigo3
ひゃあ~、またハシゴですか・・・の連続でした。
滝を越えるために、ほぼ垂直のものが多いです。

061110_hashigo2
登りきると、こんな景色・・・こわ~(T0T)
ダンナさん絶対無理だ(高所恐怖症)・・・ひとりで良かった。のか?

061110_katakura
1時間半くらいで、「片鞍の滝」。ご婦人2人組に撮っていただきました。
実は、こんなとこで転んでしまい、ズボンつめたい・・・。
ふつう転ばないような所で、転ぶのが私・・・速乾生地で良かった。とほほ。
紅葉、残念ながら鮮やかさがありませんでした。
まだ、これからなのか、会津ほどの気温差がないせいなのか。

061110_ryu
「竜の寝床」かな?滝だらけでわけが分からなくなってきました。

061110_kusari
それどころじゃないし!
道中クサリの連続で・・・指の力も入らなくなってきました。

061110_hashigo
数え切れないほど登ったハシゴ。
このあたりでほとんど気分は修行・・・
えぇと、何をしにきたんだっけ・・・

061110_kanoko
「鹿子の滝」かな。
岩だらけで休む場所もないので、そろそろ終わってほしくなってきました。
でも、大きい滝が現れると胸がすきます。

061110_sanren
やった、フィニッシュ「三連の滝」!12時30分。駅から既に3時間。
道中見かけた方々は、女性2組、男性1組、計7人くらい。
私が一番若かったのに、一番スローで、へっぴり腰でした・・・。
無事に着いてホント良かった・・・水もおにぎりもおいしい・・・(T0T)
ダンナさんに、この水お土産にしよう。

061110_kiro1
折り返しは、渓谷からはなれて、マツが多い雑木林の中。ホッ♪
早周りコースとゆっくりコースがあり、私は前者を選んで
駅まで到着するのに、1時間20分かかりました。

061110_station
JR磐越東線「江田」駅は、13時台から先は16時まで列車が来ません。
だぁれもいないので、ホームで30分くらい昼寝して・・・
「まだかなぁ~・・・」モズやヒヨドリは向かいで柿の取り合い中。

061110_yukimushi
指先に、今年初の雪虫!見渡すといっぱいふわふわ飛んでいます。
吸っている樹液を、夏はトドマツ→冬はヤチダモに変えるため
この季節にお引越しする、アブラムシの一種なのです。
雪虫が飛んで2週間ほどで初雪、などと北海道では言われています。

磐梯山、吾妻山は7日に初冠雪。平年より18日遅れでした。
浜通りにも冬の足音が近づいています。

次々とステージが変わる、ロールプレイングゲームのような一日でした。
何がすごいって、ハシゴやクサリを付けた人がすごい!
こんな体験させてもらってアリガトウゴザイマス。
たぶん、一生忘れない・・・。

061110_map
背戸峨廊マップ(クリックで拡大できます)

・・・いわき市小川町

| Comments (10) | TrackBack (0)

November 06, 2006

晩秋*裏磐梯キャンプ

06110401
今年最後のキャンプは常宿、裏磐梯国民休暇村キャンプ場デス。
泊まっている人は、クロミニ夫婦と、あと1組くらいでした。
1泊めは霜がびっしりと降りて、とても寒い朝を迎えました。

朝5時にスクリーンタープの中の温度計を見たら、-4.5℃だったので
外気はおそらく-6℃くらいだったと思われます。(^^;
寒がりの私は、スーパーストレッチダウンハガー♯1
ゴアテックスのカバーをつけていますが
厚手の肌着だけでは寒くて眠れず・・・(T0T)。
さらにフリースとズボンを着て、ようやく眠れるという
今までで、一番気温の低いキャンプになりました・・・。

06110402
朝もやの中の猪苗代湖と磐梯山。

06110408
まるで海にいるような朝もやのシワザ。

06110403_1
磐梯山には紅葉の波が、中腹まで下りてきています。

06110404
小野川探勝路。
ふわふわの落ち葉が重なる探勝路はアップダウンがほとんどなく
小さなお子さんやワンちゃんにも優しい道です♪

06110405
小野川湖の湖岸に沿って木漏れ日の中を歩いていきます。
ところどころ眺望があって・・・途中、猿に会いました♪

06110406
GPSの距離を見たら、往復で13キロ(!)歩いていました。

061106_005_1
小野川探勝路マップ(クリックで拡大できます)

06110501
2泊目の朝は霧に包まれて、とっても幻想的でした。

06110502
温泉施設「ラビスパ裏磐梯」から雄国山頂を目指す雄国パノラマコースにて。

06110503
冬を待つ誰もいない雄国沼は、山頂に立つまで見えません。
スローペースの私は2時間半かかりました。

061106_004
雄国パノラマコースマップ(クリックで拡大できます)

あと1ヶ月後には、み~んな真っ白に染まります。
今年のキャンプはこれでおしまい、道具を手入れして春までサヨナラです。

そういえば、2日で10時間近く広葉樹の森の中を歩いたのに、
ドングリをひとつも見ませんでした。
なんだか怖いくらい、木の実がなかったのは気のせいなのかな。

・・・耶麻郡北塩原村

| Comments (2) | TrackBack (0)

« October 2006 | Main | December 2006 »