« 晩秋*裏磐梯キャンプ | Main | 友達と行く*初冬の裏磐梯 »

November 10, 2006

悪魔の梯子?!背戸峨廊

会津より少し遅れて紅葉する、太平洋がわの浜通り。

061110_kiro2
いわき市にある渓谷「背戸峨廊(せとがろう)」に、電車で行ってきました。
ここは、沢登りの技術なしで歩ける、珍しい渓谷の遊歩道なのです。

061110_kanban
入り口にはこんな看板。はじめて来たんだけど、今更戻れません。
自宅から2時間、かかったんだもん・・・。

061110_tokkake
駅から30分でお目見え、「トッカケの滝」とハシゴ。
コースガイドで見て知ってはいたけど・・・げげっ・・・
ハシゴ登るの、はじめてでしたが・・・ジャングルジムみたい。
滝の大きさが真横で迫ってきます。音もサラウンド!

061110_kusari2
「釜の淵」だったかな?きれい・・・
右端には、お約束のクサリ・・・
渡ってみれば、クサリがあると安心!ってこと。
ない場所は、身体を預けるところがないから怖かったです。

061110_hashigo3
ひゃあ~、またハシゴですか・・・の連続でした。
滝を越えるために、ほぼ垂直のものが多いです。

061110_hashigo2
登りきると、こんな景色・・・こわ~(T0T)
ダンナさん絶対無理だ(高所恐怖症)・・・ひとりで良かった。のか?

061110_katakura
1時間半くらいで、「片鞍の滝」。ご婦人2人組に撮っていただきました。
実は、こんなとこで転んでしまい、ズボンつめたい・・・。
ふつう転ばないような所で、転ぶのが私・・・速乾生地で良かった。とほほ。
紅葉、残念ながら鮮やかさがありませんでした。
まだ、これからなのか、会津ほどの気温差がないせいなのか。

061110_ryu
「竜の寝床」かな?滝だらけでわけが分からなくなってきました。

061110_kusari
それどころじゃないし!
道中クサリの連続で・・・指の力も入らなくなってきました。

061110_hashigo
数え切れないほど登ったハシゴ。
このあたりでほとんど気分は修行・・・
えぇと、何をしにきたんだっけ・・・

061110_kanoko
「鹿子の滝」かな。
岩だらけで休む場所もないので、そろそろ終わってほしくなってきました。
でも、大きい滝が現れると胸がすきます。

061110_sanren
やった、フィニッシュ「三連の滝」!12時30分。駅から既に3時間。
道中見かけた方々は、女性2組、男性1組、計7人くらい。
私が一番若かったのに、一番スローで、へっぴり腰でした・・・。
無事に着いてホント良かった・・・水もおにぎりもおいしい・・・(T0T)
ダンナさんに、この水お土産にしよう。

061110_kiro1
折り返しは、渓谷からはなれて、マツが多い雑木林の中。ホッ♪
早周りコースとゆっくりコースがあり、私は前者を選んで
駅まで到着するのに、1時間20分かかりました。

061110_station
JR磐越東線「江田」駅は、13時台から先は16時まで列車が来ません。
だぁれもいないので、ホームで30分くらい昼寝して・・・
「まだかなぁ~・・・」モズやヒヨドリは向かいで柿の取り合い中。

061110_yukimushi
指先に、今年初の雪虫!見渡すといっぱいふわふわ飛んでいます。
吸っている樹液を、夏はトドマツ→冬はヤチダモに変えるため
この季節にお引越しする、アブラムシの一種なのです。
雪虫が飛んで2週間ほどで初雪、などと北海道では言われています。

磐梯山、吾妻山は7日に初冠雪。平年より18日遅れでした。
浜通りにも冬の足音が近づいています。

次々とステージが変わる、ロールプレイングゲームのような一日でした。
何がすごいって、ハシゴやクサリを付けた人がすごい!
こんな体験させてもらってアリガトウゴザイマス。
たぶん、一生忘れない・・・。

061110_map
背戸峨廊マップ(クリックで拡大できます)

・・・いわき市小川町


« 晩秋*裏磐梯キャンプ | Main | 友達と行く*初冬の裏磐梯 »

Comments

おはようございます
梯子と鎖のオンパレードお疲れ様でした(笑)
それにしても 立派な滝ですね っていうかここは滝だらけなんですね 歩き甲斐もありそうです
駅のホームの鄙びた感じも とてもいいですね 行ってみたくなりました

PS 一人歩きは くれぐれも事故無いようにお気をつけ下さいませ

Posted by: ABIRI-DANNA | November 11, 2006 at 10:22 AM

冒険行ですねえ。
鉄棒とL字アングルだけのはしごが強度的にちょっと不安です。ひとりふたりなら良いでしょうが、人数が増えるとぐにゃりと(^^; しかもあの長さ。
ご無事で何よりでした(笑)。でもうらやましい。

Posted by: ムムリク | November 11, 2006 at 11:32 AM

こんにちは、お久しぶりです。
写真を見てるだけで足元がゾワゾワっとしましたヨ。よくご無事で帰られました。。。
高所恐怖症の私にはムリムリです。
雪虫ってはじめて見ました。草花につくアブラムシは憎いけど、雪虫は可愛いですね。言葉の響きもあるのかな。
ホームの写真もいいですネ!

Posted by: seyama | November 11, 2006 at 07:27 PM

*・*・*・ABIRI-DANNAさま・*・*・*
ご心配ありがとうございますm(_)m
コースガイドにいわゆる「体力度=☆」の目安がありましたので、
「危険度=☆☆」となっていたのですが、
どーしても、この状況にトライしてみたくなってしまいました。
(この写真、行きたくなりますよねっ?笑)

稀に死亡事故もあるようで、自分の責任は自分で負わなければ・・と
結構緊張して歩いていたので、帰路は精神的な疲れが出て
きつかったです・・・。
自分の体力も思い知った感じがあって、そういう意味で学びました!

これだけの数の滝を一度に見たのははじめてで、壮観でした。
新緑や氷瀑はどんな姿になるのか、見てみたいですが
当分は行かないかな・・・(^^;
小さな駅を利用する、電車の旅もたまにはいいですね♪

Posted by: クロミニ | November 12, 2006 at 10:44 PM

*・*・*・ムムリクさま・*・*・*
そうなのです、ハシゴ、30段にひとつくらいは折れていたり
曲がっていたりしました・・・。
クサリ場も含め、すれ違いなんて絶対できないなぁ~と思っていて
すいた日を選んで正解でした。

電車に乗って、ちょっと関口さんになった気分でしたよ♪
ホームで時間があったらスケッチしようと、
道具も持参して行ったのですが、疲労で寝てました。(^^;

Posted by: クロミニ | November 12, 2006 at 10:50 PM

*・*・*・seyamaさま・*・*・*
うわ~、覚えていて下さってカンゲキです!ようこそ!
高所恐怖症、ウチのだんなさんと同じなのですね。
フツーは、看板の「トッカケの滝」まで行く観光名所で
これ以上進もうという人は数%かな?
私は怖がりのくせに行きたがりの困った性分です。

雪虫、週末の寒さを予想してたかのような引越しタイミングでした。
同じアブラムシでも、季語が入るととたんに風流(?)になるから
不思議ですよね。
ふわふわ飛ぶ姿、ほんと小雪が舞っているみたいです。

お庭の様子、いつも楽しみに拝見しています。
私の庭はもう花は数えるほどになってしまいました。
そろそろseyamaさんのお庭も、冬の準備でしょうか。
屋外でのお仕事中に風邪など召されませんように・・・。

Posted by: クロミニ | November 12, 2006 at 11:01 PM

ワクワクするハシゴに鎖ですねぇ~。

って、途中で足がつりそうで怖い~。
ご無事でお帰り、なによりでした。

ホームで昼ね、してみたい・・・

Posted by: アン | November 15, 2006 at 08:01 PM

ワクワクしながら怖い、感覚の持ち主で光栄です(笑)。
足は幸い現場でつらなかったですが、
翌日から、いつもの山歩きとは違った筋肉痛に襲われました・・・
全身にちから、入ってたみたいです。

ホームで昼寝、この日は暖かかったので、気持ち良かったですよ♪
だれもいないから、いいようなものの、
コンビニの前で座っちゃってる子供と同じかも??(^^;
結構「無人駅」多いですよね。
アンさんも機会があれば是非お試しを。

Posted by: クロミニ | November 17, 2006 at 12:55 AM

とっても緊張感(?)の伝わるレポートでした。これって、殆ど沢登りと同じじゃないですかあ。
雪虫のこと、大変勉強になりました。指先でとらえてみたことなんかないものでして。もう、そんな季節なんですね。しかもいわき方面だし。

それにしても、スゴイ鎖とハシゴでした。
背戸峨廊ってほとんど関心なかったですけど、ちょっと行ってみたくなってきました。

Posted by: じん | November 19, 2006 at 07:00 AM

じんさん、こんにちは。

正直言って、滝の美しさより、アスレチックのような行程のほうが
印象に残っています。(^^;
行く前は、どれほどきれいな場所なんだろうという期待半分、
クサリとハシゴがあっても、体力度は☆1つだからワタシだって!
という、鼻息の荒いチャレンジモード半分、でした。
あと、雪や氷で行けなくなると、5月くらいまで行けない、という
焦燥感もありましたから、速攻出かけてしまいました。
なかなかない場所ですよね。

余裕がなかったというのもありますが
滝それぞれ自体の美しさというのは、際立っていなかったかな。
横のハシゴから見ると、近すぎて、
全体像を観賞する、という感じじゃなくなるんですが、
迫力とスリルはあります!

雪虫の綿のように見えるのは、分泌物らしく、
ちょっと乱暴に触ると、綿がとれてただの「虫」になっちゃいます。(^^;

Posted by: クロミニ | November 20, 2006 at 03:50 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/74587/12636995

Listed below are links to weblogs that reference 悪魔の梯子?!背戸峨廊:

« 晩秋*裏磐梯キャンプ | Main | 友達と行く*初冬の裏磐梯 »