« 友達と行く*初冬の裏磐梯 | Main | 天然ルミナリエ »

November 28, 2006

「クマを知る」勉強会

Shimo

軽井沢でクマとの共存を目指して活動している「ピッキオ」による

「クマを知る」勉強会に参加してきました♪

情報を正確に伝えるために、

教えて頂いたことだけを、箇条書きにしておきます。

全国的なニュースになっている、大きな「おとなりさん」と

うまく共存できるヒントになりますように。

***

○福島県で捕獲されたツキノワグマの数は、
 2006年327頭、2005年57頭、2004年132頭。

○成獣の平均体重、オス60~80kg、メス30~40kg。

○会津で捕獲されたツキノワグマ12頭のうち
 月の輪模様のないクマは4頭いた。

○ツキノワグマは、積極的に狩りをしないが、
 カモシカやヒトの死骸を食べる例は報告されている。

○ツキノワグマのオスは、子グマを襲うことがあるため
 子連れの母グマは、オスを避けて行動している。

○冬眠中は、意識があるが、身体の代謝が低下しているため
 排泄はまったくしない。

○子グマがひとり立ちするまで1年半~2年かかる。

○クマは冬眠中(1~2月)に出産する。

○生まれたてのクマは、わずか250g。

○クマの年齢は、捕獲時に抜いた歯をスライスして
 その年輪のようなものを数えることにより、推測する。

○子猫ぐらいの大きさの子グマは、
 大人の女性と同じくらいの力で、前足を引くことができる。

○クマの寿命はおよそ20年。

○捕殺されたクマは、土に埋めることが義務づけられている。

***

質問の機会があったので、私も1つさせていただきました。

キャンプの際、食事の痕跡を、

ファスナーを閉じたメッシュタープ内でさえも、

残さない方が良い、とのことでした。

海外では、睡眠と食事のテントを分けることはもちろん、

調理をした洋服さえも必ず分別する習慣があるそうです。

視力の弱いクマは、嗅覚により、食べ物を探し場所を覚えるためです。

***

改めてクマは怖い、圧倒的に強い、と思う反面、

なんて弱く、臆病なんだろうと思うと、切なくなってしまいます。

あれだけ大きな身体を維持するために、

小さな小さなドングリや、ハチやアリ、

どれだけ食べなくちゃいけないんだろう?

たくさん食べて、たくさん移動し、たくさん排泄できるからこそ

クマの臼歯は、木の実をすりつぶして消化するようには

できていないんじゃないのかな、

木々の種をばらまき、森づくりの役をやっているんじゃないかな、なんて。

けれど、参加者の中には、被害に遭われた方もいらっしゃり、

安易にクマの生態を美化するような気持ちではなく、

「隣人」を知り、正確な情報を持つことがまず大切なんだと思わされました。

・・・耶麻郡北塩原村


« 友達と行く*初冬の裏磐梯 | Main | 天然ルミナリエ »

Comments

クロミニさん&旦那様 こんばんは
山でクマに遭遇したことはまだ無いですが・・・こころの準備をしとかないといけませんね。
先日そちらに伺って以来 山で小鳥の声が気になって気になって(笑) 私の物欲は双眼鏡に注がれています。
天気予報ではそちらの予報をチェックしてしまいます。また雪ですね~

Posted by: ABIRI | November 29, 2006 at 12:25 AM

こんばんは、ABIRIさん。

クマの講習会は、「裏磐梯ビジターセンター」主催で本日北塩原村で
開催されました。軽井沢でNPOとして活躍されている「ピッキオ」については、雑誌やTVでもしばし取り上げられていましたので、実際にそこの人のお話を聞ける、と数日前から、クロミニはとても楽しみにしていましたよ。
福島に来て3年、2回クマと遭遇した私達は、「身近な隣人」としての
クマに興味津々です。
キャラクターとしてのクマは愛らしく、優しいイメージが誇張されてます
が、実際の彼らをもっと正しく知る必要が、特に山で遊ぶ私達には必要
だと思ってます。
小鳥の声が気になる、う~ん正しく「裏磐梯効果」が現れてますね(^o^)
山歩きの楽しみが増えたでしょ、ABIRI-DANNAさんとお二人で双眼鏡
を首からぶら下げる日も近いでしょう。
雪?あっ、裏磐梯ですね?もうすぐスノーシューの季節到来です!

Posted by: クロミニだんな | November 29, 2006 at 01:31 AM

ピッキオのことは先日も新聞に出ていました(さすが地元)。近所の山にも熊がいまして、幸いにしてこんにちはしたことはないのですが、今年は市街地にも出没していたりでいろいろの変化を感じずにはいられませんね。
双眼鏡はぜひ視野の明るいものを(^^; そうすれば星空も見やすいですし。

Posted by: ムムリク | November 29, 2006 at 10:54 AM

こんばんは、ムムリクさん。

ピッキオは長野が活動の主体ですから、よくご存知ですよね。
今年は福島県でも、会津若松市内(住宅街)でクマ3頭が目撃
され、うち1頭が射殺されたとのニュースがありました。
しばらく子供達は、集団登下校していたようです。
以前はクマが生息していないと言われていた阿武隈山系(福島県
の太平洋側の山脈)でも今年多数クマが目撃され、生息域の
拡大(クマの移動)が確認されています。

関西に住んでいるときにはクマの存在を身近に感じることは
なかったのですが、こちらに来てからは野鳥やノウサギ・カモシカ
などと同じように、クマの存在を意識するようになっていますね。
*裏磐梯では、早稲沢という地区で毎年「熊祭り」が開催されますし。


Posted by: クロミニだんな | November 29, 2006 at 11:36 PM

こんにちは。小生の師匠は熊観察を18年間続けています。
http://www.yokotaworld.com/

Posted by: 熊大好き | December 03, 2006 at 03:13 AM

こんにちは、「熊大好き」さん。

早速、横田師匠のHP、拝見させてもらいました。
ツキノワグマの多くの画像、そして「動画(!)」にビックリ!
特に、樹上で木の実を食べるシーン(ああやって熊棚ができるんですね)や、冬篭りのために岩場の巣穴にクマが帰って(?)行く動画が、
とても印象的でした。
栃木県日光市近郊にも、多くの野生のツキノワグマがいるのですね。
驚きです。
素敵なサイトをご紹介いただき、ありがとうございました。
*ブックマークしましたよ(^^)

Posted by: クロミニだんな | December 03, 2006 at 09:17 AM

クロミニだんなさん、師匠のHPご覧下さりありがとうございます。

Posted by: 熊大好き | December 03, 2006 at 08:15 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/74587/12858834

Listed below are links to weblogs that reference 「クマを知る」勉強会:

« 友達と行く*初冬の裏磐梯 | Main | 天然ルミナリエ »