« 悪魔の梯子?!背戸峨廊 | Main | 「クマを知る」勉強会 »

November 20, 2006

友達と行く*初冬の裏磐梯

ネットで知り合った人と、実際に会うことはとても勇気がいります。

「想像していた人と、もし違っていたら・・・」

「自分の感覚とのズレがあって迷惑をかけたら・・・」

「遠くに住んでいる人なら、あえて会う必要もないのかな・・・」

そんな思いを一蹴してくれるように、740kmを越えてきて下さったABIRIさん。

ワタシとワタシのダンナさんは大歓迎で、裏磐梯へお連れしました。

顔も、声も、知っている友達ができるヨロコビと、信頼されるヨロコビ。

ネットという環境や、距離のハードルが、そんなヨロコビを倍増させてくれました♪

***

01tori
100~200羽の白鳥がお食事中。
三森峠を抜けて、猪苗代湖南の館浜付近の田んぼにて。

02yama
裏磐梯・中瀬沼探勝路を歩いて展望台にて。
日に日に白くなってきた磐梯山です。

03futari_1
ミネストローネとパンのランチ中。冷えた身体が温まっておいしかったです。
(市販の液状スープにベーコンやミニウインナー、キャベツ、ビーンズを煮込みました)

04moku
曽原湖近くにあるペンション「もくもく」に泊まりました。
アウトドアガイドで有名ですが、お食事もとても美味しいです!
夕食=白合え・きのこのフライ・サラダ・きのこ鍋・手まり寿司・
    アスパラとナスとお肉のソテー・ご飯・みそ汁
朝食=オニオンスープ・ドリア・スプラングルエッグ・サラダ・
    ロールパン・シリアル・ミルク・リンゴ・柿・コーヒー

05moku
3階立てのログハウス内は床暖房であったかでした。
2階のくつろぎスペースにて、ビーパル創刊号を見るふたり。
アウトドアに留まらず、小説やエッセイなど色々な本を読むことができます。

しし座流星群が接近するというこの夜、見事に晴れ上がり、空には満天の星。
そして3人の前に、用意されたかのような超特大級の流れ星が!!
すごかった、首が左から右へ動きましたから・・・===☆

06asa
翌日は5時半起きで、朝焼けの写真を撮りに。

08asa
明るんでいく裏磐梯。木々も山もみんな静かに朝を待っています。

07akimoto_1
秋元湖サイクリングロードから東を望む。(クリックで拡大できます)

09yama_1
秋元湖から見た朝日を浴びた磐梯山。(クリックで拡大できます)

11simo
霜が芝生の上にびっしりと降りて・・・。ダンナさんとABIRIさん。

10yama
裏磐梯高原ホテルから見た磐梯山と弥六沼。(クリックで拡大できます)

13hibara
桧原湖西畔から見た吾妻山も既に白くなっています。(クリックで拡大できます)

12miti
ペンションオーナーもくさんのすすめで「野鳥の森」へ。
この冬はじめての雪を踏みしめて♪

14kuma
クマの爪跡と熊棚の見つけ方を、もくさんに教えてもらいました。
爪跡は、クマも登りやすい細いブナの木にあります。

15kuma
ヒトの子どもが登り棒をすべり降りるように、クマもブレーキの役目で付けるのです。
これは爪跡が太くなっているので、この木がもっと若い頃に付けたのでしょう。

16kuma
クマが樹上で枝を折りながら実を食べ、枝をお尻の下に敷く「熊棚」。
双眼鏡で見ると、ブナの先の枝が折れているのが分かります。

この冬は、やはり木の実が不作だそうで、
もくさん曰く、クマは食べ物がなければ早く冬眠に入りがちだとのことです。
昨日歩いた中瀬沼や、クロミニ常宿の休暇村は、クマのよく見られる場所だ、とも・・・。
ますます存在を意識してしまいそうです・・・。

17yama
野鳥の森展望台から見た磐梯山。

18hibara
同じく桧原湖。春・夏では東畔がこれほど見えません。

19futari_1
おおきなブナのそばで。野鳥もかつてないくらい、総出で迎えました♪
コゲラ・アカゲラ・アオゲラシジュウカラ・ゴジュウカラ・カワセミツグミウソエナガ・・

・・・郡山市湖南町~耶麻郡北塩原村

***

ABIRIさんは、HPでの文章やメールでのやりとりの印象と変わらず

思いやりと勇気を持ち合わせた、尊敬できる女性でした。

そして、私たち夫婦との共通点をたくさん見つけたり、

自然の中で遊ぶ楽しみ方もまた、本質的に似ているなぁと感じました。

思い出に残る楽しい旅ができて、本当にお会いして良かったです!

次はダンナ様といらっしゃってくださいね♪

ABIRIさんのHP・・・ABIRI 海と山


« 悪魔の梯子?!背戸峨廊 | Main | 「クマを知る」勉強会 »

Comments

クロミニさんご夫妻へ
今晩は。先日は本当にお会いできて嬉しかったです。
約1年のネット上の関わりをもち、ご一緒に裏磐梯散策を実現!
一緒に過ごした3日間は、私の宝物です。
本当にありがとうございました^-^
ぜひ、京都へも遊びに来て下さいね。

手持ちの双眼鏡がこれから活躍できそうです!
そして、熊棚を見つけてはビクビク?しそうです(笑)
私もレポ頑張って作成しますね。

Posted by: ABIRI | November 21, 2006 at 12:04 AM

ABIRIさん、レポ作成楽しみにしています!!
写真もうんと豊富でしょうから♪
あとは、猫の写真さえあれば??(笑)。
明日からしばらく留守にしますが、
ダンナさんが拝読し、報告する手筈になっております。
次は、いつ、どこで?ホント楽しみ♪

***

クロミニだんなです(^^)
のんびり、いろいろ思い出しながらアップしてくださいね。
ほんとに初めて会ったとは思えないくらい、距離感の無い
お付き合いをさせていただき、夢のような週末でした。
こんなに波長が会うヒトがいるなんて!と、二人で嬉し
驚いてましたよ(^^)*日本語が変ですね。
鳥達があんなに歓迎してくれるなんて、私たちも驚いて
ました。この季節に裏磐梯で見れる野鳥のレギュラー陣
が、オールキャストで目の前に現れましたから。
*白鳥と見間違う白猫も居ましたしね(^o^)
いつでもまた、一人でもお二人でも東北のベースキャンプ
としてお使いください。
さて、明日から留守番だ!

Posted by: クロミニ | November 21, 2006 at 12:19 AM

素敵なお仲間が増えて良かったですね!
機会があったらぜひぜひ私も加えてほしいものです。。。
京都で会合の際はぜひお声をお掛け下さいまし。

それにしても、すんばらしいお写真ですなぁ~
腕が上がったのではないですか?

Posted by: 小豆 | November 29, 2006 at 08:41 PM

こんばんは、小豆さん。

嬉しいコメント、ありがとうございます。
クロミニと「私が取った画像の事だ!」と、張り合ってしまいました(^^;
腕というよりも、やはり被写体の素晴らしさがほとんどでしょうね。

今回ペンションに泊まる事により、朝6時前の秋元湖の絶景を
捉える事が出来たのが勝因だと思います。朝の光、これがポイント
でした。
*前夜、ペンションで撮影のポイントを確認して行きましたから(^^)
さすがにアマチュアカメラマンが多く陣取っており、私達はその後ろ
や横から撮影に加えさせてもらってましたよ。
と思ったら、後ろの山で奇声が!?
親子の猿が、私達の数m後ろの樹上で騒いでいました。
3人ともビックリ!

Posted by: クロミニだんな | November 29, 2006 at 11:43 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/74587/12755173

Listed below are links to weblogs that reference 友達と行く*初冬の裏磐梯:

« 悪魔の梯子?!背戸峨廊 | Main | 「クマを知る」勉強会 »