« November 2006 | Main | January 2007 »

December 28, 2006

クロミニとチョコレート工場

061228_flowers
ダンナさんにブログをまかせていた1週間足らずのあいだ、
「子宮内膜症(チョコレートのう腫)」の手術のため、入院していました。

**********************************
子宮内膜症=子宮内膜の組織が、子宮腔以外の部位に生じる病気。
         月経周期に一致して増殖・出血・再生を繰り返し
         排出されないままの内膜が、様々な場所で癒着を引き起こし、
         生理不順や不妊をもたらす。
         内膜が逆流する、内膜が他で発生するなど諸説あり、原因は不明。
         卵巣にできる腫瘍は「チョコレートのう腫」と呼ばれる。
         宇多田ヒカルやHitomiも患者のひとりだったそうです。
**********************************

たまたま婦人科検診で、卵巣に腫瘍が見られるとのことで
再検診を重ね、手術の流れとなりましたが
この婦人科検診が苦手で、避けて通ってきた私。

術後の今でさえ、内診はとても嫌いですが、
症状が皆無だったので、検診しなければ発見せずにいたでしょう。

このチョコレートのう腫は、大きくなると突然盲腸のような激痛を起こすそうで
「よかったですね、冷や汗が出るほどの痛みに会わなくて!」と
先生に諭されたのでした。

ちなみに12・19の記事で、クリスマスカードを送った親友も
まったく同じ時期に入院・手術をしていたことが分かりました(!)。
彼女は子宮筋腫という病気だったのですが
このような偶然や、入院患者の入れ替わりの激しさを目の当たりにし
婦人科で手術を受ける、30~40代の女性の多さを実感しました。

私の経験が、少しでも何かの役に立てればと思い、記録しておきます。

**********************************
先生との会話から 
(郡山市太田西ノ内病院・病床数1144・ 診療科数32)

●チョコレートのう腫について
 患者数が増加しています。年間30例手術しています。
 12歳~ピークは30代、高齢の患者さんもいます。
 大きさは個人差がありますが、大きいもので8センチ。ほとんど良性。
 ガン化する例は5%、20~30年で変化する報告もあります。
 転移は、切開して発見できます。肺などに転移する例もあります。
 早い人で1年以内に再発しますが、再発しない人もいます。
 (クロミニは右卵巣内に5cm、左卵巣内に2cm、子宮・卵管にも癒着)

●手術について
 術前にMRI・採血・採尿・レントゲン・心電図・肺機能などの検査をします。
 手術日の2日前に入院し、腸内をきれいにするため下剤を服用します。
 腹膜鏡下手術といって、ヘソ付近を頂点に15センチほどの距離3箇所に
 それぞれ5ミリほど切開し、管を入れてモニターを見ながら
 腫瘍を切除したり、レーザーで焼いて取り除くのが一般的ですが
 癒着の程度によっては、腹部を切開します。
 全身麻酔のため、術中の痛みはありません。
 手術は癒着の程度により、1時間から4時間を要します。
 入院日数は5~7日です。
 費用は入院・手術ほかトータルで約15万円です。
 (クロミニは腹膜鏡下手術で5ミリ×3箇所を切開し、3時間手術、
  6日間の入院、費用は約15万円でした)
**********************************

入院も、手術も、生まれてはじめて、という私でしたが
腹膜鏡下手術ってこんなにも痛くないものなんだ、と驚きました。
切開を最小限にした、医療技術の進歩に感謝しつつ
手術の翌日という早期に、歩ける幸せを実感しました。

小型の音楽プレーヤー「i-POD nano」で、お気に入りの曲を聴きながら
ダンナさんの見舞い品「ホンモノ雪だるま」をなでなでした、という
思いがけず優雅な入院生活は、今となっては良い思い出です。

窓際の私のベッドからは、幸運にも白い安達太良山がよく見えました。
私にとっては、それがとても励みになり、よく眺めていました。
そして、誰かが面会に来る時間が分かっていると、
1日の中で気になることなど、それしかなく、時間を待ちわびました。
それが軽い病気でも、普段と違う生活を強いられる入院患者の気持ちを
身を持って体感しました。

おかげさまで元気にリハビリしています。
ご心配頂いた方々、ありがとうございました。

| Comments (2) | TrackBack (1)

December 24, 2006

雪と静寂と

クロミニだんなです。

クロミニ不在の休日、ひとり昨日雪が積もった裏磐梯・中瀬沼展望台へ。
そういえば、去年のクリスマスイブもここでした。
*本当に好きな場所ですね、自分でも呆れますが(^^;

2

晴れ間の見えた、郡山の自宅から車で約1時間、
冬特有のどんより曇った会津地方へ。

猪苗代湖付近や裏磐梯に駆け上がる長い道、その名も「長坂」では、
路面にうっすらと昨日降った雪が解けて残る程度。
そこから、裏磐梯の剣が峰交差点を右折し、いつもの「れんげ沼」方面へ。
ここまでくると、路面はようやく冬らしい圧雪路に変わります。

積雪量は10cm程度のため、今日はスノーシューはあきらめました。
昨年の今頃であれば、70cm程度の積雪量があったのに。
昨年の今頃、同じ場所の記事 → 2005・12・26 雪中おでん

あらためて暖冬を感じます。

Sirio_1

新しいブーツの履き心地を確かめながら、
裏磐梯一の絶景ポイント・中瀬沼展望台へ向かいます。

新雪のため、一歩ずつ確実に雪を踏みしめることができ、
また以前のブーツと比べて、明らかに靴内の暖かさが違うように感じます。

Tenboudaini

前回・12月初旬の時と比べて、やはり雪の量が減っていますね。

途中すれ違ったのは、クロスカントリースキーヤーひとりと、
黒ラブラドール3頭を連れて、スノーシューをされていたカップルのみ。

相変わらず「我が庭」は、空いてますね。

Sakamichi


Nakasenuma_tenboudai


ちょうど昼過ぎに展望台へ到着。
まずやることといえば、新しい武器・ジェットボイルの威力を確かめること!
*「実験君モード」に突入!
初戦の相手はこいつ「鍋焼きうどん(*クロミニ好物)」です。

Udon


気温マイナス4度、風速5m(?)の中、450mlの水が沸くのに約5分、
それから冷凍なべ焼きうどんを投入し、再沸騰して調理完了までが約25分。

う~ん、特に早いとも言えないような気がしますが、
冷凍のうどん一式を投入したため、沸騰していたお湯が一気に冷め、
さらに風除けも無い状態だったことを考えると、
テスト環境が厳しすぎたのかも。
まあ次回に再チェックですね。

とか言いながらも、美味しくいただきました。

次に、雪からの湯沸しテスト(^^)を。
付属のポットに、ぎゅうぎゅう雪を押し込みました。

Yukimanpai

同じ環境下で沸騰するまで約10分。
沸騰後のお湯の量は、シェラカップ一杯ちょっとでした。

Toketaato

*少々、不純物が混ざってましたが、とりあえず無視(^^;

Oyatsu

食後カフェオレとおやつを愉しみながら、展望台からの眺めを堪能。
一面厚い雲に覆われており、磐梯山の全景を見ることはできませんでしたが、
時々西から東へ流れ行く雲間から、幾筋もの太陽の光が差し込みます。

Nakase1

Nakase2

Nakase3

Nakase4


右から左へ流れ行く雲と、日差しのスポットライトが、
裏磐梯随一の光景を、更に厳粛なものに変えてくれます。
目の前で、まるでオペラでも演じてくれているかのような気持ちになり、
なかなか目を離すことができませんでした。

一人、この静寂の中であれこれ考えようとしましたが、
雄大な景色の移ろいを目前にし、
結局ただ、数本のタバコに火をつけたのみです。

実は今、クロミニは約一週間の間、入院しています。
一昨日無事オペも終わり、火曜日あたりには元気に退院する予定です。
*どうかご心配なく(^^)
今日の裏磐梯行きも、クロミニへの「土産話」作り、というのがメインかもしれません。

今日も今から、病院へ「裏磐梯レポート」を提出に行ってきます(^o^)

クロミニ ブログに遊びにきてくれた皆様に、ささやかながら、
裏磐梯からの「ホワイトクリスマスのプレゼント」をご用意しました。

暖かな、楽しいクリスマスイブをどうぞお過ごしください。
↓↓↓↓↓
Merry_christmas_1

| Comments (3) | TrackBack (0)

December 19, 2006

クリスマスカード2006

061219_merichri_1
今年も、友達に送るクリスマスカードを作ってみました。

木のカタチに切り取った白い紙にスプレーのりをかけて、
ブルーの台紙の上に貼付。
金色のペンで文字と炎、黒ペンで雪だるまの顔を描いて仕上げました。

裏にメッセージを書いて、彼女が好きそうなCDと一緒に送ります。
まる1年、連絡を取っていないけれど、笑顔になってくれるといいな・・・

昨年のカードはコチラ→ 2005・12・14 クリスマスの愉しみ

デザインの参考にしたページ→ MOMA オンラインストア
(ステキなクリスマスカードがいっぱい!お値段もステキ(^^;)

| Comments (2) | TrackBack (0)

December 18, 2006

チームクロミニ強化月間!

今回は、私、「クロミニだんな」が初投稿です。

“チームクロミニ強化グッズ”を取り急ぎ(?)ご紹介しますね。
強力な武器を手に入れ、さてどこでどう活用するか、
今からワクワクしており、連休が待ち遠しい状態です(^^)

<ザック>

Karrimor
 ・karrimor ridge SL30⇒クロミニ
「1気室なのに、サイドジッパーから荷物が取り出せるのが便利!
フロントの縦ジッパーにはマップや図鑑の出し入れが楽。
きれいめブルーと落ち着いたコントラストがお気に入り」

Photo
 ・deuter ACT Lite 40+10⇒クロミニだんな
「ダークな色使いがgood。40L+10Lの2気室構造と腰のフィット感が良い!」

<トレッキングブーツ>

*これは実際に使用してみないと(^^;
Garmont_montana_lady
 ・GARMONTモンタナレディーGTX⇒クロミニ

Sirio_662gtx
 ・SIRIOP.F.662 GTX⇒クロミニだんな
 「3Eプラスという幅の広さが、私の足にちょうどいい!」

今まで夏用メッシュ素材のブーツで、スノーシューやってたので、
脚が凍傷なんじゃないかと心配し、映画「ミザリー」のように
斧で脚を切る悪夢に悩まされることもなくなります。(クロミニ談)

<アイゼン>

G10gazou
 ・GRIVEL G10 new classic(*10本爪タイプ)*2 
 「爪が強力なモリブデン鋼製というのがポイント。雪が無くなった岩場でも安心」
 *ABIRIご夫婦のアドバイス、感謝です!

<シングルバーナー>

Jetboil1
 ・JB.ジェットボイル

15l
 ・同上用1.5L クッキングポット
  *ウワサ通り、カップ2杯分の湯沸しが約2分以内。
    1.5Lポットがあれば、二人分の熱々おでんも楽々!
    下の画像のような“雪中ランチ”が楽しみです(^o^)

Photo_1
↑ジェットボイルと同クラスで、「看板娘(ワンタッチお燗)」も必需!↑

| Comments (24) | TrackBack (0)

December 12, 2006

芭蕉とTAM

今朝の気温はマイナス2℃。この冬いちばんの冷え込みでした。

先週の土曜日には、ワタシの住んでいる町にも初雪が降り、

朝から晩まで、降り続けましたが、積雪には至りませんでした。

庭では、一輪だけですが、ラベンダーが咲いていますし、

デージーやアネモネ、ガイラルディア、フェンネルの花たちも

12月とは思えないほどに、まだその色をあざやかに残しています。

「今年は寒くはならないわよ・・・」なんて言っているみたいですが、

日に日に朝起きるのがつらくなり、携帯電話で3回も時間をずらして

アラームに起こされているのですが、布団は離してくれません。(^^;

***

このところ、気に入ってるホームページがあります。

道なき道を、地図1枚を頼りに、宝探しへ出かけていて、

命がいくつあっても足りない!!!

「よくやるよなぁ~絶対無理!」と思いながらも読み進んでしまいます。

アウトドアのタブーを、不死身の漫画の主人公みたいに

ありえない笑い話に変えてくれるようなページです。

北海道秘境の滝とのんびり登山

| Comments (0) | TrackBack (0)

December 09, 2006

クライミングジム体験

山歴の長い親友と、久々に郷里で再会。

彼女の通っているクライミングジムとやらは、どんなトコロなのか?

ちょっとだけ見学を・・・と思っていたんです・・・ケド・・・

シューズを渡され、料金を支払い、初体験することに・・・!

Cube
ただただこんなふうに、色とりどりの石を埋め込んだ壁が

何面も存在している、そんなジムなのでした。

「ジム」って、てっきり、マシ~ン的なものがあって鍛えつつ、

その一部にまぁ、壁、的なものがあるのかと思っていました。

ほんとに、壁、しか、ない、・・・んですね。

そして、皆さんひたすら登っては、落ち、登るわけです。

親友の手ほどきを受け、ワタシもいざ、登ってみました。

石の形状や位置を、レベルによって分けていて

もちろん初級程度のしか登っていませんが

うーん・・・星座をカラダで描いてる感じ?(^^;

手足を結構伸ばして力を入れるので、常にいっぱいいっぱい。

ほんの少しの傾斜で、腕の力がかなり必要になるキツさです。

石の形状がまた、「えぇ?つかむところなんてないよ!」というものもあり

手の向きによって体重のかけ方を変えることで、クリアできたりして、

ただ登るのにも、「次の一手」を考えるわけです。

その日は祝日でしたが、休日問わず、いらっしゃる方は結構いて

壁の空く順番を待つ時もあるくらいの人気なのです。

ワタシはすぐに腕がぷるぷるしてしまうので、休んでばかりいたのですが

その日の夜から2日ほど、二の腕と背筋が悲鳴をあげていました・・・。

それにしても、ジムに来ていた上級者的な方が、

壁を飛んでいたのにはびっくりしたと同時に、目が釘付け!

ターザンやクノイチが、街なかには増殖中なのでした。

| Comments (6) | TrackBack (0)

December 03, 2006

天然ルミナリエ

自転車に乗っていると、切る風の冷たさで

山の向こうで雪が降っていることが、分かるようになってきました。

12月に入り、西の空には、雪雲がどっしりと構え

東の空には、太平洋側の陽気な青空がすっきりと広がる、

郡山の冬、特有の空模様が今年も見られるようになりました。

週末になったら、待ちきれずに、スノーシューを車に積み込んで・・・。

061203_b_1
裏磐梯の積雪量、現在40センチほどです。
冬のはじめの、白い樹形で構成された世界は、天然ルミナリエ!

061203_a
まだ動物たちでさえ、足跡をつけていない、真っ白な道に一番乗りっ!!
でも、新雪は、沈むのです。ばふばふ・・・

061203_c_1
しんしん・・・静かに、静かに、降り積もったあかし。

061203_d
冬のはじめ、もうそろそろ、まだか、今年は遅いね、

そんな思いがピークを迎えたころ、雪が降ると、ホッとします。

あたりまえのことが、あたりまえにあることが、ホッとしちゃうのです。


・・・耶麻郡北塩原村

| Comments (3) | TrackBack (0)

« November 2006 | Main | January 2007 »