« *謹賀新年* | Main | 冬のゲンキ »

January 03, 2007

新春の来客

1月に入り、快晴の朝は氷点下の日が多くなってきます。
とても冷えた正月の朝、車にはびっしり霜が降りて・・・

Shimon
こんなきれいな模様を作ってくれていました。
あまりの模様のシャープさは、まるでキズが付いたよう。

以前もご紹介した霜の風景はコチラ → 2005・1・6「霜氷(そうひょう)」

昨年のお正月の記事はコチラ → 2006・1・5「雪、恋し。」

Tugumin
親戚宅の庭に果物を挿したら、ツグミがやってきました。
(この写真のズームは親戚のデジカメの威力デス。)

Mejiro_1
果物好きといえば、メジロ!初撮影に成功です。
サザンカの花の蜜も大好きのようです。

Suzume00
スズメくん、ダウンジャケットあったかそうだね、ポワポワ。

Suzume01
古いもち米に、やってきたスズメたち。

・・・ん?よーく、見てみると・・・

Suzume02
正面から見た顔、こわっ!!!しかも結構「がに股」・・・

「なにジロジロ見てんだーコラー!」・・・って言ってます、よ、ね。
意外にヤンキーなスズメの素顔でした。

・・・東白川郡塙町


« *謹賀新年* | Main | 冬のゲンキ »

Comments

明けましておめでとうございます
昨年はABIRIが大変御世話になり本当にありがとうございました

本日の鳥の写真に・・・激しく癒されました
 (メジロもツグミも実物を見たことありません)
すずめはアップで顔だけ見るとギャング顔ですよね(笑)
  いつも楽しい記事 楽しみにしています
     今年も宜しくお願い致します

Posted by: ABIRI-DANNA | January 03, 2007 at 08:35 PM

★ABIRI-DANNAさん

おめでとうございます、今年も宜しくお願い致します。
こちらこそ楽しい小旅行をご一緒でき、お二人に
感謝しています。
また、私達が簡単には行くことの出来ない山々の
素敵な画像を、楽しみにしています。

実家で撮影した鳥達、かなり気に入っていただけた
ようですね(^^)
周囲が田んぼなので、野鳥達が庭に定期的にやってきます。
そこで、帰省中にりんごやみかん、古いもち米などを
用意すると。。。
まさに“とりぱん状態”でした(^o^)/
ヒヨドリ・すずめ(集団)・ツグミ・メジロが、餌や休憩場所を
巡って織り成す騒動ときたら、ずっと見てても飽きません。
どうもヒヨドリが庭の主らしく、他の鳥達を追い掛け回して
いました。

スズメの画像は、撮影時には気づかず、帰宅して画像確認
中にその「眼光の鋭さ」を発見し、二人で大笑いです(^^)

そうそう、帰宅途中、目の前の道路(周囲に住宅あり)を
キジが横切ったりと、最後まで野鳥と縁があった正月でした。

Posted by: クロミニだんな | January 04, 2007 at 12:28 AM

今朝は寒かったですね。
鳥さんの撮影は望遠レンズでしょうか??

Posted by: やぎ | January 05, 2007 at 05:31 PM

★やぎさん

このところ寒い朝が続いていますね。

↓野鳥の撮影はこのカメラで行いました。↓
http://cweb.canon.jp/camera/powershot/s2is/index.html
「CANON Power Shot S2is」(光学12倍、デジタル4倍ズーム)
庭の野鳥との距離は、5mくらいです。

Posted by: クロミニ | January 06, 2007 at 11:50 AM

やっぱり笑えるぅ~~
何度も何度も見てしまいます
最後の スズメくん
何度見ても吹き出しちゃいます(笑)

Posted by: ABIRI | January 08, 2007 at 01:01 AM

ふふふ、笑えますよね!
最初に発見したのがダンナさんで、
パソコンを見ながら「く、くくっ・・・こいつら・・・」と
笑っていたので、覗き込んだら爆笑しました。
もみあげの由来はスズメじゃないかと思えます。

Posted by: クロミニ | January 08, 2007 at 11:17 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/74587/13320613

Listed below are links to weblogs that reference 新春の来客:

« *謹賀新年* | Main | 冬のゲンキ »