« ひとっ飛び | Main | 家庭菜園・覚書03 »

May 16, 2007

滝川渓谷

070514_0002
福島県中通り地方では、今年も田植えのシーズンを迎えました。

070514_0001
カルガモも恋の季節かな、頻繁に田んぼでのデートが見られます。

070514_0006
久しぶりに花好きな母の庭を訪ねてみました。・・・ジャングル?!

070514_0004070514_0005
クレマチスとモッコウバラが、隙間なく咲き乱れていました。
ノースポールは母の一番好きな花だそうです。

070513_0008
県南地方、矢祭町にある「滝川渓谷」に出かけてみました。
川沿いの登山道を、滝を眺めながら進みます。

070514_0000
マイヅルソウがいま満開でした。
チゴユリです。ご指摘 by misaoさん

070513_0005
水芭蕉は終わりかけ。

070513_0002
川沿いは少しひんやりして。

070513_0001
新緑がいつの間に、こんなに繁っていました。
最近、ずっと森の中へ出かけていなかったからなぁ・・・。

070513_0007
ひとまわり9つの花が咲いてるから?「九輪草」は咲き始め。

070513_0004
今回は軽装のため、ほんの少しで終了。
おにぎりを持って、また来てみたい、なかなかいい渓谷でした。
「ふくしまの遊歩道50選」にも選ばれていますが、
途中、すべりやすい箇所や勾配のきつい場所もあるそうなので
準備はきちんとしていった方が良さそうです。

・・・東白川郡矢祭町


« ひとっ飛び | Main | 家庭菜園・覚書03 »

Comments

緑滴る渓谷・・・せせらぎの音が聞こえてきそうです。
ずいぶん前に奥入瀬渓谷を歩いた事がありますが、写真を見せていただいてその時の事を思い出しました。
いいなぁ・・・私も歩きたい!(勾配のきつい所は苦手ですが)

雲の写った広~い田んぼや向こうに見える山・・・こちらの田園風景とはちょっと雰囲気が違います。
でも、カルガモの姿は同じだな。(当たり前!)

マイヅルソウ、こちらではチゴユリと呼ばれています。
こちらはもうすっかり花が終わっていますが、そちらでは満開なのですね。

Posted by: misao | May 16, 2007 at 08:19 AM

涼しそう~~羨ましいな^^
私も 涼探し 頑張ります!!
今は音色に癒されていますよ♪♪

 私もハゲタカに熱くなってました☆

Posted by: ABIRI | May 16, 2007 at 10:22 PM

misaoさん:::::::::::::::::::::::::::::::::::

こんばんは♪
かなり更新をさぼっていたのに、見て下さり、ありがとうございます!

奥入瀬渓谷!そのとおり!
「奥入瀬に似てるね~」と話しながら歩いていたのですよ。
おそらく全国的にほとんど知られていないと思われますが
私にとっては、奥入瀬とドッコイ良い勝負でした。
野鳥もね、たくさんさえずっていたんです。
でも、双眼鏡忘れてしまって・・・それと新緑で見えないですが
梅雨までは、色々なさえずりを楽しむことにします。
今年こそ、サンコウチョウに会いたいのですが、
misaoさんはご覧になったことありますか?

ひさしぶりにサイト拝見して、美しい花々に見とれています♪
そちらのカルガモ君にも、よろしくお伝えください(笑)。

Posted by: クロミニ | May 17, 2007 at 09:41 PM

ABIRIさん::::::::::::::::::::::::::::::::::::

こんばんは♪
涼しかったですよ!ちょっと立ち止まると肌寒いくらい。
帰ってきて、さっそく田んぼの真ん中に立つ、実家へ行ったので
カエルの合唱(福島版)を録音してきました!
ふふふ、近々、動画でご紹介しますね。

ハゲタカ、面白いですよね!
ウチは、もう見過ぎてセリフも覚えてしまって、
「おだまりっ!このハゲタカっ!」などと、セリフで夫婦漫才やってます。
「クラハイ」版の漫才もできますよ。・・・自慢になんないって!

あれから暑くなったり、寒くなったり、気温の変化が激しいので
身体大切になさってくださいね~。

Posted by: クロミニ | May 17, 2007 at 09:50 PM

この場所、私の実家(福島県の県南地方)から車で40分程度の距離
にあります。実は私の両親&クロミニの4人で、「どこか自然がある渓谷、近くにないかな?」と言い、以前からこの近くの道路を通る度に気になっていたココに行くことに決めたのですが、想像以上に「渓谷」してました(^o^)/
*大きな岩や、滝近くのアップダウン等、飽きない造形になってます。

実は最上流部に駐車場&蕎麦屋(地元で取れた蕎麦を、地元の主婦達が提供する第3セクター方式の店)があり、そこから下流に向かって
歩いていったのですが、下流の入り口からだと2時間・上からだと1時間はかかるルートになっています。

渓流沿いの道は要所要所が階段や木道で整備されており、地元の新名所として力を入れているのがわかります。
*「合併しない宣言」をした町、最近名物町長が退職した町としても全国ニュースに取り上げられていたところです。

印象は、まさに「小・奥入瀬渓谷」という感じでした。
全部歩いていないので断言するのも、ですが、また是非行ってみたい場所としてチーム・クロミニにはインプットされました。

夏でも涼しそうですよ、ここ(笑)。

Posted by: クロミニだんな | May 19, 2007 at 01:33 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« ひとっ飛び | Main | 家庭菜園・覚書03 »