« 星野道夫物語-アラスカの呼び声 | Main | 秋いちばん »

September 15, 2007

家庭菜園・覚書12

070915hojiso
青じそは、穂じそになり、白い花を咲かせました。

070915chamame
「茶々豆」ようやく収穫できるほどになりました。実がぷっくり!
葉が茂りすぎていたので、実付きが悪いかと思いきや、大漁♪

070915kuromame
こちらは同時に植えた「丹波の黒豆」。豆自体が大きい!
まだまだ時間かかりそう。大器晩成型です。

070915houzuki
プチトマトのまわりは、収穫した食用ほおづきです。
食感はまさにトマト、味はもっとフルーティで甘さも酸味も強いです。
ジャムにしたら美味しそうです。

070915suika
スイカがようやく赤くなりました!!この皮の薄さ、ちょっと自慢!
お味もあまくて大成功♪スイカ収穫にあせりは禁物、学びました。

070915hakusai
ジャガイモを収穫した跡に、耕運して牛ふん堆肥を蒔き
白菜(いただきもの)とキャベツ(種から育てたもの)を定植しました。

***

白紙状態の土のうえに、目安棒を立て、クワを入れ、

曲がらないように、まっすぐまっすぐ耕していきます。

サクッ、サクッ、土は空気をはらんで、ふかふかです。

畝のラインができたら、できるだけ平らになるように

今度はクワを寝かせて、土をならしていきます。

何度も行ったり、来たり、汗をかきかき、繰り返し。

きれいに出来上がった、茶色いボーダーライン。

この畝のことを、農業では「ベッド」と呼びます。

赤ちゃん苗たちの育つ、おふとんです。

なぁんにも考えずに、夢中で土とたわむれ、

小さな作品を眺めるひととき・・・ちょっと満足♪


« 星野道夫物語-アラスカの呼び声 | Main | 秋いちばん »

Comments

こんにちは~!
郡山はすっかり秋なんでしょうね。
こちらはまだ暑い日もあります。

茶豆と黒豆大きくなりましたねぇ~
何だか他人事とは思えません。
美味しく頂いてくださいまし。

Posted by: 小豆 | October 04, 2007 at 10:08 PM

小豆さん、ご無沙汰しています!
そろそろ紅葉のたよりが聞かれるようになってきましたよ。

茶豆は香りもよく、美味しかったのですが
丹波の黒豆は、なるほど、お菓子に使われるのを納得しました。
というのも、エダマメでは美味しくないのですね。(^^;
ほわっと甘くて、「塩味のつまみ」にはたよりない感じなのです。
そして、値段も納得!
一株に本当にわずかしか付きません。
丹波の黒豆を召し上がるとき、実感なさってみてくださいね。

Posted by: クロミニ | October 09, 2007 at 10:16 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 星野道夫物語-アラスカの呼び声 | Main | 秋いちばん »